Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

ブログ収入を上げるならまとめ記事も手段の一つ

ブログ収入をもっと上げたい、稼ぎたいと誰しも考えているだろう、

そしてだが結果的に大量のアクセスを集めることに成功した人間は、それに見合うか分からないが一定以上の収入を得ている。

頻繁にだけど色んな人の月初め運営報告を見たりして、まあアクセスを大量に稼いでいる人のコンテンツを見てみると、あることが見えてきました。

まとめ記事が多いということに。

内訳がアニメ、漫画の感想のまとめ記事であって、検索から多くアクセスを引っ張ってこれる様に狙って書いているのが見えるよね。

こんな訳でブログ収入を上げたいと考えている人に向けて、コンテンツのまとめ記事と検索される内容について書いて行こうと思う。

大量のアクセスを狙う方法が「まとめ記事」しかない現実

余程本人のブランディングが優れているか、または文章が面白くないと大抵の人間は書いたことを読んでくれない。

読んでくれない、つまりは検索されないし、需要がない。

と、いうことはPVが上がらない。

結果的に広告収入が得られなくなってしまう。

こんな世知辛い結果に繋がってしまう。

それでじゃあどうしたら良いのか?

どうしたら検索されるのか?

それも時間を掛けず最短の道で。

結論は大抵の人が気付いているが、コンテンツのまとめ記事を書くことだ。

matome.naver.jp

検索してくる人は何を求めているのかと言うと、それは答え。

「検索」したら適切な”結果”が返ってこなければならない。

例を出してみる。

検索側「ワンピース 感想」

こんな感じで検索側が調べたら記事のタイトルに、

答える側「ワンピース 10巻 感想」

なんて付けて見出しを付ける順番も守り、それなりの文字数を書いておけば、必然として検索順位の一位を取ることも不可能じゃないかもしれない。

大量のアクセスを多く集めているブロガーが、まとめ記事を多く書くのも。

neverまとめを始め、他人のtweet内容や画像を平気で引っ張ってきて、広告収入を得ているゴミの様なサイトが、検索の一位を取って大量の広告収入を得たりしているのも。


全てはGoogleが検索者に対する、答えを書いているサイトを優遇させているからだ。

ちなみにだけど、キーワードを狙って書きたい人は、googlekeywordという関連キーワードと調べるサイトを。

goodkeyword.net

そしてこっちが検索順位チェッカー。

自分が書いたキーワードの順位が分かる。

checker.search-rank-check.com

日記も悪くないけど、そこに答えを入れよう

纏め記事なんてめんどうじゃね?

こんなことを思うのも仕方ない。

実際私もアクセス数に目が眩んで、大量のまとめ記事を書いたことがあるけど、盛大に失敗した。

www.zerost.net

ランキング111のリストを作ってしまった。

しかし失敗。

失敗したけど、今もなかなかPVを稼いでくれている。


だが失敗したかを考えてみると、自分が遊んだことがあるゲームばかりを書いてしまい、人気のある最新のゲームを入れていなかった。

ここが原因の一つ。

それにだがドメインの強さもあるだろう。


正直なところ運用期間が長いJPドメインや、被リンクが付きやすい人気ブロガーに、まとめ記事を書かれたら勝てないだろう。


ゲーム自体が好きだったので挑戦してみたんだけど、はっきり言って苦痛以外のなにものでもなかった記憶がある。

それにだが大体3万字後半くらいある。

普通に考えて誰も読まない。

なぜなら検索から引っ張ってきたいだけで書いたのだから。
逆の立場で見るかと問われたらはっきりと見ないと断言できる。


なぜなら長いし、どこのだれか分からない人間におすすめされたところで、訴求力がないからだ。

でもそんなこと言ったらなんにも書けないんだけどね。

特にブログでアフィリエイトを積極的に行っている人達は。

名前は出さないが実際試しても無いのに、エアプレイでゲームの感想記事のまとめを継続的に作って(恐らくは外注かな)、大量のアクセスを稼いでいる人間も観ているけど、それもどうなんだろうか。

確かにアクセスは稼げるけど、Googleのサイトを優先する基準は定期的に変わから、今は意味の無い長文は順位を落とされている傾向にあるみたい。

しかしまとめ記事は稼げるから、皆やるんだよね。

だがまとめ記事はPV稼げるけど面倒~な人はどうしたらいいのか?

実際だがただの日記なんて書いていても、誰も読んではくれない。

ならばどうしたらいいかを考えると、私が言えるのは日記でもいいが、そこに答えをいれるべきだということ。

有名なバンドのライブに行ったら、そこでどういう曲順で演奏したかとか、ライブに参加する時はどんなことに気を付けるべきだとか、ライブでの感想とか。

検索する側が知りたい情報を書くこと。

そうするとただの日記にも答えが生まれて検索されPVを稼いでくれる。

答えがあるブログを目指すのが苦痛がない

ブログなんて適当に~と言いたいとこだけど、誰しもアクセスは欲しいもの。

ならばまとめ記事を作るか?

でも面倒、かなり。

そして苦痛。

じゃあどうしようか?

まとめ記事を書くのも嫌、だがアクセスがほしい、それも大量に。


ならば日記でもいいから検索してくる人にとって、答えがある記事を量産するのが一番書く本人に取っても苦痛がないのだと思う。

だってまとめ記事とか、クソ面倒じゃないですか?

でもそれをやれる人間が大量のアクセスを稼げる訳であって。


記事数を量産するのも一つの手段だけど、それにも相当の情熱と絶対にあきらめない鋼鉄の意志が必要だから、書くことが好きじゃない人はとてもじゃないが無理無理。

したら自分のペースでもいいから、日記調の記事に検索側の立場に立って、キーワードを入れて答えを載せておいた方がまだ気持ち的に違う。

おわりに

大量のアクセスが欲しい人は、あまり長文になり過ぎない程度に、まとめ記事を作ってみましょう。


または日記風の記事しか書けない、自分の思うままに書きたい人は、日記でもいいので書いた内容に検索側が納得する答えを入れてみて下さい。。

どちらもだがPVに繋がることなので、もしこれを読んだ人がいたら好きな方を試してみてほしい。