Hello Underworld

エンタメ/アプリ/ブログ関連/雑記等/レビューやまとめ記事が主です。

ブログで稼ぐ為に初心者が考えるべき運営方針

ブログで稼ぐ! ブログで稼ぎたい! と夢見る初心者が考えるべき運営方針を私なりに纏めてみました。

私は一年程ブログを書いたり書かなかったりしていますが、その間で学んだことなので少しは役に立つ部分もあるかと思います。

ブログで稼ぐ為に初心者が考えるべき運営方針

「書くテーマ」決めてそれを「どのユーザー層」に向けて書くのを決める

書くテーマを決める

私も含めブログを書く、始める人に共通するのが、大半が雑記ブログになってしまうということ。

覚えはないだろうか。


自分のブログを客観的に見てほしい。

そしてアクセス数を見てほしい。


書いた記事に対して、アクセス数が良く無ければ、それははっきり言って需要が無いと言うことだ。

つまりは役に立たない。

最短の期間で収入を得たい、収入に繋げたいと考える人は、需要があるテーマを決めて当たり前のことだが、そうしたことに関する記事を書いた方が良い。

あきらかに良い。

なぜならその人の経験が役に立つからであって、検索されるからだ。

検索されないのならブログを店と考えた場合、粗悪品とレッテルを貼られても仕方ない。

書く記事には役立つ内容を書こう

私は情けないことに最近になって役に立つ、立たないということに対して理解するあるべきことがあった。

働きおわり、帰宅してサイトを修正しようと考え、その過程でカエレバのデザインのCSSが消えていたことに気づいたんですよね。

あー、これも直さないとな~と思いCSSを入れてプレビューでデザインを見たのだけど、デザインがどうしても崩れてしまう。

そしてだが例のごとくググって対策を探すが見つからない。

SEOが上手いのかどうか分からないが、役に立たない情報ばかり検索のトップに来ているんです。

結果からすると検索の「2ページ目」に答えが合ったのだけど、かなりの時間を要したんですよね。

こういうことから考えるに、役に立たないクソ記事を量産しているブロガーって、本当に害悪でしかないという事実に気づいてしまい。


えっ? お前はどうなんだって? それは置いといて。。

検索する側の立場を考えよう

検索する立場からして、例えばの話だけど「眩暈 原因」などのワードでググり、検索のトップに出てくる内容が、そこらのサイトから引っ張ってきた適当な内容で、的外れだった場合。

そして的外れな内容を信じてしまった人が、結果的に医者に行かず病気が進行してしまったら、とてもじゃないが責任を取れないだろう。

自己責任と言う人間もいるだろうけど、根本的な問題は適当な内容がネットに溢れかえっているということだ。

だから書く人間はそれこそ内容に気を付けて、引用元をはっきりさせて、書かないとサイトの信用性に関わるだろう。

どのユーザーに伝えたいのか?

自分書いた記事内容を伝えたい客層を想定する

色々な人が言っていることが「どのユーザーに伝えたいのか?」

始めはこの言葉を聞いてあまり理解出来なかった人もいるかもしれない。

しかしこうした考えはビジネスと同様で面倒と思わずに決めるべきだ。

例えばだが読んだ本の感想一つに対しても、色々な客層が想定される。

漫画の感想ならそれが少年漫画だとして、その記事を書いた場合、検索した人がどういう年齢でどういうことを知りたいか? などなど。

面倒だと思うかもしれないが、一つの事柄から多くのことを想定して意識して書くだけで、アクセス数等は違ってくると思う。

需要に答えなければ価値が生まれない

至極単純なことだけど、需要がなければそこに価値が生まれない。

あなたの書いて量産した記事が、それに比例して結果が出ていないのなら、それは価値基準で言うと価値が無いということになる。

悲しいことだがブログ収入を得る為には、はてなを例にすると人気者になりブクマでゴリゴリ押し上げてもらうか、それか膨大な数の記事を量産するか、最終手段としてプロブロガーというアフィリエイターになるしかない。

もちろん文才を磨き、面白い内容を書けることには越したことはないが。

まあ結論を言うと本当に稼ぎたければ、アフィリエイトをするしかないのですけど。

しかし多くの人が挑戦しない。

それはなぜか?

面倒だし、何より楽しくないですからね~。

ですがそこは考え方ひとつなのかと。

人に役立つ内容を提供し続ければ、そこに役に立っているという感情が生まれるから、モチベーションになるのかもしれないですし。

という訳でアフィリエイトを始めてみようかな~と考える今日この頃。

おわりに

ブログで稼ぐ、ある程度の収入を得る為には、書くテーマや伝えたいユーザー層を決めることが重要です。

始めは雑記ブログとして書いて行き、内容が定まったならそれを中心に書いて行けばいいという考えもあるのですが、出来るなら始めから内容を特化させた方が結果が出やすいのも考えの一つ。

ふらふらと適当に書きたいことを書いて、黄金と等価の価値がある時間を無駄にしない様にこれからブログを書く人は気を付けて下さい。