Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

ミサイルを気にするよりも運よく「生き残った後」を気にするべき

ミサイルが北朝鮮から飛んできて、焦ったり瞬間死を予見した人は多いんじゃないでしょうか、


かくいう私も、こういっちゃなんですが、やっぱ「死にたくない」と思いつつ。

しかし運よく生き残ったから、こうして書いているんですが、下手したら昇天してたかもしれませんねw


ミサイルが飛んでくること自体、とんでもない時代に生まれちまったもんだと、悲観しましたが、後から考えた時にこう思ったんですよ。


ミサイルを気にするより運よく「生き残った後」のことを気にするべきだと。

ミサイルを気にするより 「生き残った後」のことを気にするべき

ミサイルで生き残るのは運

はい、まずですがミサイルが飛んできて生き残るのは運です。

運。

運が悪ければそのまま昇天。

運が良ければ生き残る。

それだけのこと。

ミサイル警報で一番個人的にウケたのが、

「頑丈な建物に避難して下さい」

とか。

えっ?

無理無理。

運よく生き残った後を考えよう

もしミサイルが飛んできて、被害を免れた時の為に備えておくこと。

簡潔に書くと、


避難場所の把握。

災害用のグッズ用意。

ある程度の食料の確保。

金銭類の用意。


考えたらこのくらいですね。

自分の命を脅かす脅威が目前に迫ってから、慌てても意味がないので、こうした落ち着いた時期に常に用意しておけば、災害時の数週間は生き延びれるんじゃないかと。

ミサイル警報に対する疑問

最後にだけど警報が来ること自体はいいことだと思う。

だが、どうしたらこんな内容のメッセージを飛ばせるのか、理解に苦しむ

頑丈な建物に避難したところで、ミサイルがもし核を搭載していたら意味がない。

そしてミサイルの威力も分からない。

ミサイルが何発飛んでくるのかも分からない。


極めつけに平和ボケしているなと感じたのが、ミサイルが飛んでくる数分くらい前か分からないですけど、外で市役所の人が避難して下さい~とか呑気に(やらないよりはマシだが)車を走らせていたことくらいですね。


頑丈な建物に避難してとか促すくらいなら、頑丈な建物が何なのかとか詳細を警報に載せるか、もしくはミサイルの規模くらい載せるべきじゃないでしょうか。

それにしても迎撃出来なかったのかなぁ。

こと人的被害が出たら、日本人は不安を過度に覚える人種なので、民意が一気に国防に向いて安部さんが喜ぶだろう。


内心ほくそえんでいるんじゃないだろうか。

どちらにせよ、ある程度の防衛力は必要ですね。

おわりに

誰しも死にたくはないですが、最終的に自分の身を守れるのは自分だけ。

ミサイルを気にするよりも、仮に運よく生き残ってしまった後のことを気にして、備えをしておきましょう。