Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

ここ一年くらいブログを通して学んだこと

私はここ一年くらい前にブログを始めた、

最初は金目当てじゃなく、自分の中の思いを吐き出す為にだ。


しかし今はお金目当てで再び始めている。

この記事では初心者、特にキャラがない人間が一年程ブログを通して、学んだことを書いている。


こうした内容にありがちなアクセスアップや、収益、SEOなどの中身ではなく、あくまで精神論な面があるので、興味がある人だけどうぞ。

一年間ブログを通して学んだこと

利他的であれ

はてなブログであまり理解出来ないことが、相互ブックマークという言葉だ。


知らない人の為に説明すると、あなたの書いた内容をブクマしたから、俺の書いた記事もブクマしてねだと思う。


人って不思議なもので、誰かが何かをしてくれたら、返さなければいけないと思ってしまう生き物。


こんな気持ちを利用して、もしくは何となく流れで、いつしか相互にブクマし合う風潮が出来上がったのかな。


行為自体は当人同士が納得していれば私は別にいいと思うが、問題は自分がそれでいいのかということだ。


他人が自分の書いた内容を読んでもいないのに、自分の書いた記事のアクセスが欲しいからさっと流し読みではいブクマ~ぽちっとして、コメント? めんどくせ~な~、そんなのしね~って、大して面白くもないのによ~という可能性もある。


自分がよほど面白い文章を書けるのならそれもいいのだが、大抵の人間はそこまでじゃないだろう。


特にブログなんてライターでもない限り、ほとんどの人間が魅力的な文章を言っては悪いが書けない。


私も例に漏れず相互ブクマをしていたが、ある時をきっかけに虚しくなった。

自分の書いた内容が本当に評価されているのではない。


こちらがブクマをしてあげたから、相手がブクマしてくれただけだ。

本音を言うと、自分が書いた文章が真の意味で評価されている訳じゃない。


確かにブクマをしてくれると、アクセス数が上がるきっかけになる。

誰かの書いた内容を見て、ブクマをして、ツイッターで拡散して上げるのも良い。


でもだ、それで当人は本当にいいのか?

自分が書いた内容がもしかしたら面白くも、誰かの為になった訳でもないのに、惰性でブクマされているんだよ。


それでいいのか?

本当に評価されている訳じゃないのに、ブクマしてくれた人のブログに行って、またブクマしてコメント書いて無駄な時間を過ごすのか?

他人の力で持ち上げてもらうのが理想なのか?



ち~が~う~だ~ろ~ww


ちゃんと評価されたいんだろ? 本当のところは。

誰かの善意とかによって持ち上げてもらうんじゃない。


誰かの役に立つ内容、内容じゃなくても為になった、面白かった、味方が広がった等、こんな影響を与えてくれるから、だからあいつの書いた記事を読みに行こう。



文章を書く人はすべからく、こうあるべきじゃないかな。



だから私は相互ブクマなどは一切しない。

何より時間の無駄だからだ。



いちいち誰かが記事をアップしたらブクマをするよりも、少しでも自分の記事を増やした方が利口だと思いませんか?

たとえそれが誰にも読まれなくても、数を打てばいつかはあたるよ。


本性を隠すと書きづらくなる

私は始めた当初、丁寧な文体で書いていた。

しかし、途中から辛くなる。


理由は自分を偽っているからだ。

セルフブランディングなる言葉があるけど、自分を良く見せることを出来る人間は、素直に凄いなと尊敬すよ。


自分が本当はそんな人間じゃないのに、自分を良く見せる、悪く言えば自分を偽って、かっこよく、俺スゲー私スゲーな感じにするんだろ? 情報商材屋と同じだな。


若めのプロブロガーなる人達のサイトに行くと、それが良く理解出来る。

ビジネスに徹しているなと。


ビジネスだから、逆にこうも伝わってくる。

こいつら文章書くの好きじゃな~よな~ww


誰もが好む高尚な、自己啓発書から引っ張ってきた言葉で固めてある。

プロブロガーなる人間達は本性を隠すのが上手い。


内実、金が欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて、読んでくれた人間のことなんてどうでもいいのに、それを上手く隠している。


ここまで読んでくれた人なら分かると思うが、私は非常に嫌な奴である」

嫌な奴という自覚はあるので、どうも本性を隠すのは無理な様だ。

これからもそうでありたい。


人から嫌われ様が、好きなことを書いてどこまでも嫌な奴でありたいと思う。


続ける、続けないは意志の問題

最後にだが、私はブログを長期間更新しない時期があった。


ブログは一定の利益になるツールと分かっているから、本来なら続けるべきだったのだけど、書く気力が起きなかったとあの頃は思う。


しかし後から考えたらそれは間違いだと気付いた。

何がと言ったら、書けませんでしたとか書く気力が起きないとか、はたまた出来ませんでした。


ブログだけじゃないが、何かを辞める人はおおむねこんな感じだろう。

だがそれは違うんだ。


出来ないとか、気力がないとか関係ない。

本人の意志の問題。

やるかやらないか。


本人の意志の問題なんだ。


夏休みの宿題にしてもそうだろう。

夏休みの終わりになってから追い込む人間がいる。


最初から計画的に宿題を進めればいいのにも関わらずだ。

だがそれをしない。


何故か?

意志の問題だからだ。


出来ない訳じゃない。

ただやらなかっただけだ。


どうしても、死ぬほど困難なことじゃない限り、大抵のことはやれる。

何かを理由付けて辞めてしまう人は、意志の問題だろう。


そう思う。


おわりに 

ブログを通して学んだことを書いてみた、

読んでくれた人の中で、ブログ以外に通ずる部分を得てくれれば幸いだ。 

じゃ今回はこの辺で( ̄▽ ̄)ノ~~