Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

「貧乏人・凡人」がプロブロガーやYouTuberから学ぶことは「金に対する」アンテナの張り方

これを見ている人は恐らくだが、あまり裕福ではないだろう

しかし何故自分が裕福じゃないか考えたことはあるだろうか?

学歴が足りないから? コミュ強じゃないから? 人脈がないから? 無能だから? 

他にもあなたが裕福じゃない原因は色々考えられるかもしれない。

だけど一番の原因ね、金に対する強い執着とアンテナの張り方だと私は思うよ。

ここではプロブロガーやYouTuberを例に、何故彼らが大金を手に出来ているのかを考えていく。

プロブロガーやYouTuberが内包している強いマインドは金への執着

貧乏人、凡人は金に対する執着が実のところ弱いから行動しない

自称プロブロガーやYouTuberが一般人と比較したら、かなりの大金を手にしているのはひとえに金に対する強い、非常に強い執着があるからだ。

プロブロガーやYouTuberなる職について、もし知らない人がいたらググって調べてみてほしいかな。
 

彼らはこうした人気商売に就く前は、会社員だったり大学生、または情報商材を売ったり、大震災の時に原発の作業員を派遣する事業で、かなり金を中抜きして資本を稼いだと噂される悪人もいる⇦これヒカルねww(今はVALU問題でまた詐欺師癖が出ているけど)

各々参入した背景は違えど、こうした人間達に共通して言えるのは、金が欲しいから始めたという事実。

金がこの世の真実、金が無いと物を言えない、生存する権利を与えられない、ということをいち早く気付いて、そして明確な行動を始めたということだ。
 

あなたは金が欲しいと思いながら、愚痴ばかり言っていないだろうか。

愚痴を言うのはいいが、明確な何か行動をしているだろうか?

金が欲しいと思ったら、自分で何か新しいことを始めてみる。

人に雇われたくない、自分の将来の展望が見えない、希望が持てないのなら、まだ未開拓の領域に踏み込んでみる。
 

プロブロガーやYouTuberはこうしたことを常に考え、そして周りにアンテナを張り、どうしたら金に繋がるか? を思考し勇気を出して始めたから、大金を手にすることが出来ている。

始めた人間の中には成功しなかった者も、もちろんいるだろうが重要なのは金が欲しい、現状を変えたいと強く願い、それを忘れない内に行動に移せるかどうかが、貧乏人・凡人から一転して大金を掴む分岐点になるのだと思う。

大金を掴んだ人間はレッドオーシャンで頭一つ抜ける「覚悟」がある

プロブロガーやYouTuberを引き合いにだすけど、大金を付かんだ彼ら彼女に言えることが、「覚悟」という面。

誰もが金を欲しいと思いつつも、今日も馬車馬の様に働き、酷使され、余程の能力が無い限り消費期限が切れたらボロ雑巾の様に捨てられるのが現実。

しかし貧乏人、一般人は現状維持を好み、動かないしやってみない。

そして続かない。

それは今現状生活が懸かっていないからってのもあると思うし、そしてだけど愚痴を言うことですっきりしてしまっているからだろう。

分かる、それはすげー分かる。

誰だって面倒なこと、そして自分の時間を削ってまで、効果が出るかどうか分からないことをやらないよな。

そんなことするくらいなら、好きなことやるわ。

それもいい。

でもそれじゃあいつか消費期限が来て、その時にあなたが需要がなければ、どうなるだろうか?

いらなければ、価値を提供出来なければ捨てられる。

それはあなたがたとえ生活出来なくなっても。

プロブロガーやYouTuberは金に対する異常ともいえる執着があるし、そして金がこの世の真実だと気付いているから、市場を分析し顧客を絞り、需要に合わせた供給を行っているのだろう。


だから勝てる。

だから金を手に出来る。



貧乏人や一般人が見習うべきところはこうした、絶対に金を手にするという覚悟だ。

覚悟さえして自分で何もかも引き受ける決意をすれば、もしかしたらだが大金を手にすることが出来るかもしれない。

大金とは言わないが、レッドオーシャンで勝つにはどうすればいいか? を考えながら行動するだけで、その他とは結果が違ってくるんじゃないかなぁ。

おわりに

プロブロガー、YouTuberから貧乏人・凡人が学ぶべきことを書いてみた。


もし少しでも現状を変えたいと考えているのなら、ブログやYouTubeに限らず、未開拓の参入できる商売や、自分が価値を提供出来ることを考えていくとそこからビジネスに繋がるかもだ。

どちらにせよ金が欲しいと思うのなら、勇気を持って何かを始めてみることを推奨するよ。あとプロブロガーで有名な尊師は年収150万円で生きていく気はないらしいw。

じゃ今回はこの辺で( ̄▽ ̄)ノ~~ 

年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)