Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

プロブロガーは「プロ」って簡単に名乗りすぎww

自分のブログを持っていて、且つブログで金を稼ごうと思った人が、一度は聞いたことがあるかもしれない「プロブロガー」なる言葉。

プロブロガーは色々調べたら、好きなことをブログに書いて発信し、稼ぎ生計を立てている人を指すらしい(正確な詳細を知りたいと思い、ググって調べたのだけど、どこにもどういう能力があり、どんな仕事をしてとか詳しいことは書いていなかった)

でもなぁ、このプロブロガーのさ、「プロ」は簡単に名乗りすぎじゃね? というか何のプロなんだよw。ライセンスとか発行されてるのかって。。

こんな経緯でプロブロガーが簡単に、「プロ」と名乗っていることについて思うこと、また疑問を書いて行く。

プロブロガーは自己愛が強すぎ

あるプロブロガーのブログを暫くぶりに見に行った。

つい一昨日のことだ。

サイトを拝見した。

と、そこでサイドバーにある物を見つける。

自分の顔出し画像を加工したバナーのリンクが貼ってある。

しかもちょっとかっこいい感じに加工されている。

まーいいのか、イケメンの部類だとは思うしな。

でもなー、何だろうなー、この違和感は。

プロブロガーはブログで、好きなことを発信して、収益を上げるプロなんだろ?

それなのに書いてあることと言えば、そこら辺の自己啓発書から引用した言葉ばかり。

それにサイト全体から漂う、煽りの文言というかなんというか。

耳障りのいい言葉ばかりで固めてある。

逆に構えるよな。

情報商材を売る人間と同じ雰囲気を感じた。

極めつけがサロンへの誘導だろ?

だったらよ~、普通にアフィリエイトでもしてろって。

まだアフィリエイトの方がマシ。

正直に金が欲しいって言えよw。

プロブロガーな人達はさ、アフィリエイトする為にプロブロガーになったのか?

養分を集める為にプロブロガーになったのか?

でもそれで生活が成り立っている、稼げているからプロブロガーの続けているのだから、ブランディングが上手いんだろう。

羨ましい。私も金が欲しい。効果の無いサロンに、養分をぶち込んだ金で豪遊したい。

プロブロガーじゃなくてアフィリエイターの間違いじゃね?

どんな用語でもプロと付くと、途端に偉く見える。


例えばプロレスラー。

プロ野球選手。

プロサッカー選手。

おぉ、いい響きだ。

様になっている。

じゃあ最後に。


プロブロガー。



全然様にならない。

上で書いた三つの職種と比較すると、途端に響きが悪くなる。


それは何故か?

理由は三つある。



世間から認められていない。

誰でも名乗れば、この瞬間からプロブロガーになれる。

明確なプロの基準が無い(免許、能力基準諸々)



だからプロブロガー(笑)とか人によっては、馬鹿にされて呼ばれてしまう。


それにブログでは現実、飯が食えないから、その知名度を生かしてブログコンサルしたり、信者を効果が出ないサロンにぶち込んで養分にしたりするしか稼ぐ手段がないのが現状だから、大抵のプロブロガーはそうしているのだろう。

こんなことをするのがプロなのだろうか。

プロブロガーってなんのプロなんだ?

分からない。

少なからず誰かに価値を与えてはいるのだろうけど、それが大半は害でしかないように思えてしかたない。

思うにプロと名乗る限りは、誰かを幸せにしなければ、名乗ってはいけないのではないだろうか?

その「プロ」としての能力で誰かを幸せにしているのか?

誰かに感謝されているのか?

誰かに笑顔になってもらえているのか?

誰かに感動を与えているのか?

おわりに

プロブロガーなる職業は世間の認知度が低く、職業として考えたら水商売だしユーチューバーと同じで認められてはいない。

ただプロと名乗るからには、誰かを幸せにしなければ、幸せにする能力がなければ、プロと名乗るのに私は違和感を覚えてしまう。

この職業自体否定はしないけど、こうした新しい職業を認める規定とか、またはUUUMみたいに事務所が出来るといいのかな。

とりあえず言えるのがプロブロガーは「ただのブロガー」で十分ってこと。 

でも金を稼げているから正しいことになるのかもね。

金を稼げれば何もかも正しく、肯定される。

じゃ今回はこの辺で( ̄▽ ̄)ノ~~