Hello Underworld

エンタメ/YouTubeネタ/ブラックな話題/etc..な個人ブログ※工事中

ゲーム化したら超面白いライトノベル「黙示録アリス」【鏡貴也】

黙示録アリス (富士見ファンタジア文庫)

個人的にだが、ゲーム化したら超面白いと思う「黙示録アリス」というライトノベルの魅力と、どんなゲームにすべきかという点について書いていく。まず最初に一言。「黙示録アリス」は面白い!

黙示録アリスあらすじ

世界は壊れてしまった。それは少女だけがかかる、最悪の病気《迷宮病》のせいで。そして、授業が始まる。少女を殺し、世界を救うための授業が——。 


―――さあみなさん、少女を殺して世界を救いましょう! 
魔法を覚え、迷宮のマップを把握し、チームを結成し、少女の弱点を学び……タイムリミットは6時間。それまでに少女を殺せなければ世界は破滅する——のだが、 
「世界とかまるで興味ないんで勘弁してください。正直暑苦しいですよ」 
そう言い放つ史上最悪の主人公とともに、疾走する魔法と青春。 

引用:《富士見書房公式サイトより》 

黙示録アリスのどこが面白いのか?

少女にだけ発症する「迷宮病」

明確な原因は明らかになっていないが、少女だけに発症する迷宮病が蔓延する世界。迷宮病が発症すると総じて治療不可であり、発症した少女は排除対象になる。

ちなみに迷宮には難易度が設定されていて、最悪なレベルの迷宮は黙示録アリスと呼ばれている。

迷宮化した少女を放っておくと、迷宮の領域が広がってしまう為、討伐するほか対処方法が無い。なので主人公有栖真之介を含めた仲間達は迷宮の攻略に挑むことになる。

この迷宮の探索が面白いんだよな~。何せ少女の思考や性格に合わせた怪物、ダンジョンの風景が設定されているし、難易度が高い迷宮だと普通に死が隣り合わせ。

実際に主人公や仲間達は強いけど何度も死の危険に遭っている。読んでいると緊迫した戦闘描写に引き込まれるだろう。

魔法を使用する時の唄

ダンジョンを探索するにあたり、魔法の起動装置にスロットが付いていて、魔法を三つまでセット出来るのだけど、それも多岐に渡る。攻撃、補助、そして特殊な魔法だったりと。


そして魔法を使用する時に詠唱と言うか軽く唄うのが印象的。どんな唄かは読んで知ってほしいけど、私が一番好きなのは聖剣スイッチの唄かな。次点で加速スイッチ。 

 

加速スイッチを唄うと自身の行動速度が上昇するんだけど、ノベルの一巻でボスである迷宮化した少女の雷撃の嵐を加速スイッチを唄い「キルキルキルキルキルキル」と切り裂く場面があって、それを読んだ時に痺れた。

最悪な性格を装っている主人公

主人公がまあ下種、というか金のことしか考えていなく、極端に言うと人から好かれない。だけどそれには理由があって、本当のところは仲間思いで優しく、そして諦めない 。

最初はあえてそういう風に振舞っていた主人公が、様々な体験を経て徐々に本来の性格に戻っていくところが、私は好きになれた反面、その性格を維持して欲しかったかなぁと思ったりもして。

黙示録アリスをどんなゲームにすべきか?

ダンジョン探索型アクションRPG希望

モチーフはペルソナ3・4・5とニーアオートマタを加えた様な感じでと言ったら分かるかな。


アクションRPGの要素と、3Dモデリングされた操作キャラクターでダンジョンを探索して、死と隣り合わせの緊迫感を味わえる様に、敵の攻撃力は高めに設定。

えっ? それじゃクリア出来くね? 大丈夫全て当たらなければどうということはない。ハードはPS4希望。PS4の性能なら魔法の効果もかなり綿密に表現出来そう。


魔法の聖剣スイッチもかっこよく描かれるんだろうなぁ、と妄想を書いてみた。

おわりに

ゲームに関しては、どこかのメーカーか誰か作ってくれたら真っ先に遊びたいと思う。

でもゲーム化より先にアニメ化するかもな。

興味がある人はラノベと漫画も出ているから読んでみてほしい。 

じゃ今回はこの辺で( ̄▽ ̄)ノ~~

pixivコミックアプリで漫画版も読めるから、こっちでも楽しめる。

pixivコミック - みんなの無料マンガアプリ
pixivコミック - みんなの無料マンガアプリ
開発元:pixiv Inc.
無料
posted with アプリーチ