Hello Underworld

エンタメ/YouTubeネタ/ブラックな話題/etc..な個人ブログ※工事中

生き残りを賭けたデスゲーム系ノベル「FATAL TWELVE体験版」で遊んでみた【ノベル】

f:id:inusanbou:20170720132535p:plain

steamで「FATAL TWELVE」というデスゲームテイストを盛り込んだ、ノベルゲームの体験版を遊んでみたので、その感想を書いて行こうと思います。

私はあまりノベルゲームで遊ぶことはないのですが、キャラのイラストとまあ安直なんですが、「デスゲーム」って括りに惹かれたのが遊んだ理由ですね⇦ここ重要

この記事の構成はあらすじ、面白い点、最後に体験版のプレイ動画となっています。

「FATAL TWELVE」あらすじ

f:id:inusanbou:20170720132611p:plain

主人公である女子高生、獅子舞凛火(髪が一部金髪)は後輩と電車に乗り帰宅途中、電車内で爆発事故に巻き込まれてしまい、後輩をかばった結果死亡してしまいます。

が、ここから漫画のGANTZの様な感じで一度死んだはずなのに、意識を取り戻した時には喫茶店で友人と過ごしていました。

 

GANTZ コミック 全37巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ コミック 全37巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

 

 

しかし数日後夢の世界で女神・パルカに出会い死の運命は一旦無かったことになったと聞かされますが、その代わりに「女神の選定」と呼ばれる儀式に参加させられ、死の運命を同じく一旦回避した12人とのデスゲームに参加する。

と、こんな形のあらすじですね。

面白いと思った点

デスゲームの内容

f:id:inusanbou:20170720132632p:plain

死の運命を一時的に回避した12人が臨む「女神の選定」ですが、特に戦闘等をする訳ではなく、現実世界で自分以外の参加者の三つの情報を探さないといけません。

その三つの情報とは「氏名・死因・何か未練は無いか?」

そして三つの情報を集めて、夢の世界で参加者を指名し相手の情報を開示して、相手側を脱落させる訳ですね。

自分以外の参加者に情報を何一つ知られてはいけないし、自分の情報を明かさない様にしつつ、且つ他の参加者の氏名諸々の情報を手に入れないといけないので、心理戦の様な雰囲気を楽しめるんじゃないかと思いました。

ちなみにゲーム内では、指名した側と指名された側が存在しているスペースの一部がかなり上昇して、他の参加者からはどの様に対戦が行われているのかを窺いしることは出来ないようですね。

体験版では対戦の描写がありましたが、対戦が終了した後、片方が恐らく情報を全て当てられたのか、存在自体が消え去ってしまった様です。

体験版プレイ動画

体験版では主人公が電車内で死亡し、そしてデスゲームまでに巻き込まれるまでを描いています。私はゲームのスタート画面や、雰囲気など結構引き込まれてしまい、思わず「続きを遊びたい」と思ってしまいました。

ノベルゲームなんて興味無いと思っている人はぜひ、一度FATAL TWELVEをプレイしてみてはどうでしょうか? 私の意見ですが気に入る点は必ずあると思いますよ。

あっ、あともしよければチャンネル登録お願い致します(*_ _)

www.youtube.com

www.youtube.com