Hello Underworld

エンタメ/アプリ/ブログ関連/雑記等/レビューやまとめ記事が主です。

FGOスカサハオルタの動く壁紙をSteamで導入した。世界が変わった。

以前から導入してみようと考えていた、SteamのWallpaperEngineを導入してみた、

きっかけはツイッターのタイムラインで、動く壁紙の動画が流れてきたからなんだけど、結構知っている人も多いんじゃないかと思う。

今回はWallpaperEngineを導入してみた感想を書いていきます。

知っている人も知らない人も、興味を持ってくれたら嬉しい。

WallpaperEngineとは?

PCゲームのダウンロードサイトSteamで販売されている、PCに動く壁紙を設定できるソフトです。

実際動いているってとこが分らないと、感覚が掴めないと思うので一度公式トレーラーを見てほしい。

www.youtube.com

動画を見てもらえば少しだけどんな物か分かったと思う。

パソコンを使っている人が大半は何かしら壁紙を設定しているだろうけど、その壁紙が常時動くとしたらどうだろうか? それも自分の好きな作品の壁紙で。想像してみてほしい。

いつもの日常に少しだけ変化が生まれ、パソコンを使っている時も楽しい気分になるんじゃないだろうか。

導入方法

肝心の導入方法は至って簡単。

Steamにアクセスする。

②Steamをインストールする

③Steamのアカウントを作り、WallpaperEngineを購入し、起動する。

WallpaperEngineの初期設定が少し必要だが、難しいことはない。

ちなみにWallpaperEngineの購入費用はいくらかと言うと400円もあれば、購入できるので高くはないかな。クレジット支払いかコンビニ払いを選べるので、好きな方を選んで下さい。

f:id:inusanbou:20170427121208p:plain

そしてWallpaperEngineを起動し、ここで赤字部分の検索窓から好きな作品名を入れて探してもいいし、下段に行って現在7万点程ある壁紙から気に入る物を探してもいい。


既存のアニメ作品からゲーム、個人が作成した壁紙から多く登録されているので、きっと気に入る壁紙がある筈。

f:id:inusanbou:20170427122414p:plain


気に入った壁紙があったら、その作品をクリックし赤字のサブスクライブをクリックすると自動でダウンロードされる。壁紙のダウンロード料金とかは掛からないので、安心してほしい。

f:id:inusanbou:20170427124346p:plain


で、これがダウンロードしたWallpaperEngineの画面ですね。


起動した初期はデフォルトでいくつか壁紙が保存されているので、まずはそこでどんな感じか試してもいいですし、赤字部分のワークショップ閲覧ボタンから壁紙を見ているのも楽しいと思います。

導入した感想

結論から言うと、パソコンで作業している時間が楽しくなった。

今までパソコンの壁紙と言ったら、スマホとかと違い動かないのが当たり前だったのだけど、WallpaperEngineを導入したら好きな作品の好きなキャラを壁紙に設定出来て、しかもそれが動いている、これは普通に嬉しい部分。

それに現在7万点以上の壁紙が登録されているから、自分の気分でいつでも選べるし、自由度が高い。

ちなみに私がどんな壁紙があるのか気になる人の為に、私がダウンロードした壁紙を少し紹介していきます。

f:id:inusanbou:20170427124400p:plain

これはニーアオートマタの動く壁紙。動画をキャプチャ出来るソフトが無いので、実際の動いている動画を載せられないけど、 2Bが佇んでいる状態で雨が降り注いでいる。

雨が降り注いでいる様子と、雨の音も流れてくるので、集中して作業したい時には最適なんじゃないだろうか。

f:id:inusanbou:20170427124755p:plain

次はダークソウルのアルトリウスとシフの動く壁紙。

アルトリウスとシフが森で休息を取っている状態で、雨が降る様子と時に雷の音がする。

ダークソウルが好きな人にはぜひおすすめしたい壁紙だ。

WallpaperEngineにはダークソウル関連の壁紙も多く登録されている。

それにしてもカッコいい。。。

f:id:inusanbou:20170427125302p:plain

最後にだが、FGOのスカサハオルタの動く壁紙。

スカサハが槍を両手に構えた状態で、槍部分の炎が揺らめいたり髪や服が風で揺れている様子が表現されている。

どれもカッコいいので結構迷ったけど、挙句しばらくはスカサハの壁紙しようかなと決めた。 

こんな感じでかなりWallpaperEngineにはかなり多くの、動く壁紙が登録されているので、日常を少しだけ楽しくしたい人は、チェックしてみてほしい。