ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もこの世界の果てから

書籍/社会/ゲーム/ネット関連/他雑記

From today's end of this world

書籍/ゲーム/社会/ネット関連/雑記色々

自分の立場を考えず安易に発言をする政治家の存在が、政治に興味を無くさせる原因

今村復興相が東北で大震災の被害の件に触れ、「まだ東北で良かった」と発言してしま

った記事を読みました。

結局発言の責任を取って辞任する形にはなったみたいですが、私はこんな安易に言ってしまったらどうなるかを考えず、発言してしまう政治家が多い気がしてなりません。

そしてですが、こうした発言をする人間が政治に携わっているから、日本人が政治に興味を無くしてしまう原因になるんだなと思いますよ。

this.kiji.is

何が彼にこんな発言をさせたのか?

ここで何が彼に大震災が「東北で良かった」と、発言させてしまうことになったのか考えてみようかと。

考えた結果、一番の原因はその地位なんじゃないでしょうか。

以前、舛添前都知事が都民の税金を横領して、様々なところから批判され詰められていたのは、まだ覚えている方は多いでしょう。

舛添前都知事は非常に頭が良く、知事になる前は番組のコメンテーターをしていたりするのを何度か見かけ、そしてこと政治家が税金を横領しただとか、そんな話題になるとかなり批判していたのが私の記憶に残っています。

ですが知っての通り都知事になってからは、都民の税金を横領する様になってしまいまいした。地位や権力が人間を変えるとはよく言ったもので、個人にとって高すぎる地位が当人に自分は権力がある、力があると錯覚させるんだと思います。

だから今村復興相は自分は何を言っても許されると勘違いをして、こんな発言をしてしまったのでしょう。

自分が体験していないから、全て他人事

f:id:inusanbou:20170426083118j:plain

不用意に発言してしまう、この根本に根付いている意識が、やはり自分が身を持って体験していないからなんだなぁ~と議員の人を見て考えるんですよ。

震災を経験した身としては、あの怖さをもう一度体験しろと言っても、それは強制出来ないですが、それを抜きにしても思っていなくても、幾分か気持ちを汲んだ発言をするべき。

何せ復興相ですから。

安部さんはこれ以上政治に悪影響を与えない様に、不用意な発言をした人間をあっさり切る方向に決めた様ですが、まあこんな人間がいない方が本当に良いですね。。

安部さん自身の問題の相まって、現政権のイメージは既に良くないですが、直近の北朝鮮問題を何とかして欲しいもので。

それにしても震災を経験した身としては、とてもじゃないが許せない、信じられないの一言しかありませんね。

こんな発言をする人間を一般市民が見たら、政治に興味なんて湧く道理が何もない。