ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ILBLOG

好きなこと好きな様に

今やるべき問題を未来の自分に先送りにする人間には何も得られない

雑記 雑記-失敗談 雑記-考え方

f:id:inusanbou:20161217113818j:plain

(画像引用:あこちすさん配布のフリー素材より)

面倒なことを先送りにしてはいないでしょうか。

私は面倒なことは先送りにして、今まで生きてきたので現状かなり、”痛い目”にあっています。

今苦しんでいるのも過去の自分が未来の自分に、問題を”先送り”したからなんですよ。

なので面倒なことでも”逃げずに”向き合う理由を書いて行きます。

興味がある人、時間がある人はお付き合い下さい。

何故面倒なことを先送りにするのか?

楽なことをした方が自分にとってプラスだからです。

自分のこうしたいとの内心の欲望を優先させたからですね。

元々人間は怠惰な生き物なので、自分に厳しくして自制出来る精神を確率していないと、精神が未熟な人間は輪にかけて苦しいことから逃げるんですよ。

例えで夏休みの宿題を挙げてみると、明確なデータと統計を取ってみた訳じゃないですが、大多数の学生が夏休みの宿題を最後の期間に先送りして、休みの殆どを遊んでしまうんじゃないでしょうか。

何故そうなってしまうかというと、理由は明確で面倒だからです。

面倒なことはやりたくない。

何故なら疲れるから。

消耗するから。

子供の様な理屈ですがこんなことを思っている人は存外多いのではないでしょうか。

まあ夏の暑い日にせっかくの休みの一日の一部を宿題に費やすより、一日全てを遊び尽くした方が自分の欲望に正直だし、それこそ私が思うに人間らしい姿なのかと思います。

世の中の人間が自分の欲望を大なり小なり、心の中に押し殺して社会を形成し苦しいまま生きているのに比べたら、怠惰に正直で自分がこうしたいと思う姿のままに、生活するのは人間らしくて私はとても好感が持てます。

少なくとも仮面を被り苦しいと訴えている自分を無視し殺して、

生きているのではないですからね。

明日からやる方針は未来の自分を苦しめる

欲望に素直になり面倒なことを先送りにして生きるのは、個人的には好感が持てるのですが、それをしてしまうと未来の自分が相対的に苦しむことになります。

結果として今やるべき問題を先送りにするんですからね。

政治家が議会で問題を先送りにしたりするのと多少似ている面はあります。

政治に関することを例に出すのは、また違うのかと思いもしますが、先送りにする点に関しては同様でしょう。

先送りにすることでその時、その場では楽を出来るかもしれません。

面倒な問題を見ずに、取り組まずに済む訳ですから。

そしていずれそんなことがあったことすらも忘れるでしょうね。

ですが、それじゃあいけないんですよ。

問題を先送りにすることは遠くない未来に、そのことに必ず向き合わなければいけない時がくるんです。

先送りにした問題がブーメランになり帰ってきます。

必ず。

今苦しむか後に苦しむかの違いですが、ここが大きく違う。

今自分が面倒なことを逃げ出さず投げ出さず先送りにせずに取り組むことにより、未来にとって変化をもたらす可能性があります。

しかし、面倒なことを先送りにすることには何のメリットもありません。

未来の自分に苦しいことを押し付けるのは大前提ですし、

よりいけないのが今苦しまなかったことにより、未来に何か変化を及ぼす可能性を、

潰してしまうことになります。

ここが大きな違いです。

こう思わない人はいないでしょう。

あの時、もっと勉強しておけばよかった。

あの時、ああしていたら。

あの時、こうしていたら。

こんなことを思ってしまうのも、全て過去の自分が面倒なことを、

未来の自分に先送りしてしまったからになりません。

面倒なことを乗り越えることで前に進める

好きこんで面倒なことをやりたがる人間は誰もいないとは思います。

確かに面倒なことは限りなく面倒なんですよ。

働くこと、人間関係、将来について、転職、または生きること他諸々。

面倒なことに目を背けて生きてきたら、どんなに楽なんじゃないかと私はいつも思います。

ですが面倒なことに目を背けて今を楽してしまうと、

未来の自分にツケを回し苦しむことになります。

しかし、ただ未来に向けて漠然と努力をすればいいとは思いません。

例を出して雇用に関して言うと、いい大学や有名な企業に所属しても雇用すら安定しない時代となってますので、自分の頭で考える力を持ち自発的に将来に対してのビジョンを持ち行動することにより、未来は少しずつ開けてくるのではないでしょうか。

つまりは目標を見つけることですね。

目標があれば人はどんな問題でも、向き合えるんじゃないかと思います。

それがたとえ亀の様な歩みでもです。

最後に

面倒だと思うことが目の前に訪れても、未来の自分にツケを回さず、

向き合い一つずつ対応して乗り越えていきましょう。

そうすることにより陳腐な成長なんて言葉じゃなく、自分が人間として向上する筈です。

問題を先送りにする人は後で苦労しない様に、面倒だなと思ったらここで頑張らないといけないと、自分を叱咤してみて下さい。

未来の自分が苦しまない様に。