Hello Underworld

ゲーム/漫画/アニメ/読書/好きな曲/ネットサービス/誰も言わない本音など

『すみません」が口癖の人は『ありがとうございます』に変えると自分も周りも楽になる

この記事をシェアする

f:id:inusanbou:20161130195545p:plain

「すみません」が口癖になっている人は周りにいませんか?

仕事でミス、又はしてはいけないことをした場合は謝罪するのは、当然ですが「すみません」ばかりを日常で多く使っていると、口癖になるんですよ。

知らないことを誰かに教えてもらっても「すみません」

道を譲ってもらっても「すみません」

普通に会話していても「すみません」

これじゃあ聞くほうも話すほうも、悪いことをしてもいないのに、「すみません」と言われたらいい気分はしないでしょう。

なので「すみません」が口癖な人は「ありがとうございます」に変えて下さい。

そうすると聞くほうも話すほうも、気分が楽になります。

そもそも何故「すみません」が口癖になるのか

これなんですよ、そもそも何故「すみません」が口癖になるのか?

それは自罰傾向が強い人がなるのだと思います。

失敗などの原因が自分にあるものとして自分を罰しようとする傾向があること。自責的であること。「内罰的」とも言う。

引用:自罰的とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

私は以前正規雇用で働いていた時に仕事でミスをすることが多く、

上司に責められその度に「すみません」と口癖になるまで言っていましたね。

だるい、だるかった。

仕事だから仕方ないけど。

正規雇用と言う立場で生活を守られていたので、責任が伴うのは当然なんですけど、「すみません」とその頃の私は口癖になっていて、言う度に何か疲れてしまう様な申し訳ないような感情が鬱積していきました。

なんだろう、相手を怒らせない様に、相手に嫌われない様にとか、そんなことを思い言動にも自信を無くして「すみません」と言うことで、自分を守っていたのかもしれません。 

「すみません」と言い続けていると 。。。

 「すみません」が日常的に口癖になっている人は本当に改善しましょう。

 なんでかって説明すると、「疲れるから」

疲れるんですよ。

すみませんって日常生活で使う場面は大抵謝罪する時ですよね。

他にも用途はありますが、謝罪する時に使う言葉なんですよ。

それを日常的に使っていたらね、

心がどんどん疲れていくから、止めましょう。

「ありがとうございます」

単純なことですけど、「すみません」が口癖の人は「ありがとうございます」に意識して変えてみるんですよ。

意識してです。

私も他人から何も謝罪される様な状況でもない時に、「すみません」と言われたら「〇〇さんは何も悪くないんで謝らなくていいですよ」みたいな感じで言うようにしてます。

「すみません」って言われるのは聞くほうも疲れるからです。

しかし、「すみません」を「ありがとうございます」に変えてみたらどうでしょ。

何かわからないことを教えてもらった時に「ありがとうございます」

道を譲ってもらった時に「ありがとうございます」

親切にしてもらった時に「ありがとうございます」

聞くほうも言うほうも全然疲れないじゃないでしょうか。 

逆に私が書いた例文を全て「すみません」に直してみましょう。

何かわからないことを教えてもらった時に「すみません」

道を譲ってもらった時に「すみません」

親切にしてもらった時に「すみません」

いやいやいやいやいや、お前うるさいから。

聞いているほうも言うほうも毎回すみませんって使っていたら、

疲れてしょうがないんですよ。

中々性格と同じで癖になってしまったことは、直すのに相当な自助努力を要しますが、 

癖になっている人は直さないと「うつ病」に繋がる可能性があります。

だから少しずつでも良いので、「すみません」と言う回数を減らしていきましょう。

最後に

簡単に癖が直せたら苦労しないですがそこは心掛け次第なので、「すみません」と言いすぎてなんか疲れるなぁなんて人は、良くないので直しましょう。


周りも、何より自分の心が楽になります。