ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ILBLOG

好きなこと好きな様に

学校はいらないと思う理由

雑記 雑記-言いたい事 虐め

f:id:inusanbou:20161106152932p:plain

学校はいらないと思う理由について書いていく。

まあこんなことを書くと、

もしかしたら上級はてな民が飛んでくるかもしれないが、

それはそれだ。

さて、なんで学校はいらないかその理由は、

「学校の教育は社会に出て実際のところ何も役に立たない」からだ。

どこかでみたフレーズだが、気にしてはいけない。

過剰な協調性の押し付け

あぁ、協調性については全てを否定している訳じゃあないんですよ。

ある程度は必要。

人間としてしてはいけないことを守るのは当たり前。

人に対して嫌がることはしてはいけない

だけど協調性を過剰に押し付けるのはどうかと思う。

協調性を過剰に大事と教育するのは、一種の同調圧力を生む。

「みんながこうしてるんだからそうしなよ」とか、

「何で場の空気を乱す様なことを言うの?」と人の主張を押し殺させ、

個人が突出するのを抑制してしまう。

まあ単純に考えなくても、多数決の国なので周りと違う意見が出ると本音は対応するのが面倒くさいという面も見てとれる。

個性、個性が大事と主張している人もいるが、

その個性を許さなのが今の社会。

個性を殺して周りと合わせなくては、正直なところ生きてはいけない。

そして「こうでなくてはいけない」という感覚が、いじめも生み出す。

以前ツイッターでとある学校の野球部員が仲間達にスマホを奪われて、

小さな檻に閉じ込められている光景を映した、

動画がタイムラインに流れていた。

あれはかなり衝撃を受けたね。

何万回もリツイートされていたから、

もしかしたら見た人もいるかもしれない。

私は容姿のことで虐められていた過去があるのだが、

それを上回る何というか残酷性をその動画を見て感じた。

元々私は人間の好き嫌いが激しい部類だと自分でも思っているのだけど、

それを見て人間が一番残酷なんだなぁと改めて認識させられる。

その虐め動画を貼ってしまうと、面白半分とか思われても癪なので、

貼りはしないけど虐めも自分達とは同じではない、

異分子を探して行うものだと思う。

なぜ虐めをしてしまうのか? 

根本的な問題は私にも分からないが、

自分の意見を言うと虐めをしてしまう人間達は自分達と同じではない、

そんな人間を理解出来ないし、

同じではなければいけないという教育をされてきた為に、

同じになろうとしない人間を許せないからだ。 

協調性を過剰に大事と教育してきた結果が、

一定以上の不幸を生んでしまっている。

あと、虐めを無くそうとか、どうしたら虐めが無くせるのか? 

なんて芸能人を呼んで無駄にコストを掛けて番組作っている所があるけど、

あれは何も意味がないと思う。

実際表面化していないだけで、

大人社会や子供社会に虐めなんて山程潜在しているだろうし、

それを全て無くすとか無理ゲー。

問題化し議論するのは大いに結構だが、

私からしたら本当に無くそうと思うのならば、

そういった独自の機構を起ち上げるべき。

議論するのは言っては悪いが、誰でも出来ること。

小学生にでも出来る。

それ関連の番組を作ってもコンテンツとして消費されるだけ。

人間ってその場では、「あぁ、虐めはよくないな」と思っても、

すぐ忘れる。

そんなもん。

生き残る能力を養成しない

これについても自己責任だとか賛否あるかもだが、

学校教育は会社に雇用されて働くことを前提とされている。

もし何かしら事情があって会社を退職、

居られなくなってしまうことになるとしても、

そうなってしまった場合どう生きていけばいいのか?

また社会で働けなくなるほどの精神的ハンデや負荷を負った場合、

どうやって生きていけばいいのか? など生き残る能力を養成しない。

私としては協調性よりも何もよりも、

こちらの方に重点を入れるべきだと思う。

あとはマネー教育ね、

日本は仕組みを作った人に都合のいい様に作られているので、

知らないと延々と搾取されるだけ。

なんか自己啓発的なことを書いてしまったけど、

そう感じている人多いんじゃないかな。

例えば退職したからの年金の控除の仕方とか、

保険料は社会保険が国保より若干安いとか誰も教えてはくれない。

それと同じ。

協調性なんて最低限あればいい。

あとは礼儀も必要最低限ほしいかな。

まあ全てを教えてとか、傲慢にも程があるとは書いていても感じてしまうが。

どうせ教育をするのなら過剰に未来に対して余計な希望を抱かせず(希望を持つことは大事だが)

どんな状況になっても自分の力でお金を稼ぎ生き残れる能力を育てるべきだと思う。

教育するならこういったところを教育した方が、より生徒の未来に対して真摯だ。

お金お金と書くと一定の人が嫌悪感を抱くかもしれないが、お金はある程度は必要。

自分の命を守る為に自衛するお金を持った方がいい。

最低限のお金が無いと何より心が貧しくなる。

だから副業を始める人が多いし、社会でも副業を解禁する企業が多くなってきている。

まあお金はないよりあったほうが断然いい。

ただそれを全面に押し出すのも、なんというか私も嫌悪感を若干覚えるところがある。

こう言葉では表せないけど、そう、あれだあれ!

金を全面に押し出したブログってなんかね。

ことプロブロガーのキラキラしたブログなんか正直見てもね。

全員が全員キラキラしている訳じゃあないしな。

いやお金稼げるのは有能な証よ。

結局のところ。

お金を稼げなければ、どんな仕事であれ無能の謗りを受けることになる。

まあそれを言ったら私も無能の極みなんだが。

でもお金稼ぎを全面に押し出すのもね、

セルフブランディングの類はサロン系を開くにあたり必要なんだろうけど、

なんかね、、、なんかな

要はバランスだよなバランス。

自分で思考する力を奪う可能性がある

学校にいけば教職の人がいて教育をしてくれるのは、素晴らしい仕組みだと思う。

だがそれだけだ。

もともと学校なんて教科書の内容を、インプットをすることを前提に作られているので、生徒はほぼ受け身になってしまう。

そう、自分で望んでいるいないにも関わらず教科書の内容をインプットさせられるので、そんなんじゃモチベーションも上がらない。

目的も出来ない。

その証拠に学校の授業中に寝ている生徒がいたりするのも事実。

受け身だからだ。

学校には行かなくてはいけない。

受け身なスタンスだから、もちろん楽しくない。

望んでいないから。

それに学校の教育なんて実際社会に出たら、「どんな学校に通っていたか?」くらいしか目にされず、

こいつは使える使えないで判断される。

どこまで行ってもこんな現実なのだから月並みな意見だが、

学校なんて行きたい人が行けばいいし、

むしろ行かなくてもいいのではないかと思う。

虐めなんてくだらないこともあるしな。

もちろん最低限の教養は必要だから、

そこは両親が裕福な環境ならば家庭教師を雇うのもいいし、

難しい話かもしれないが親が必要なところを教育してもいい。

私が大事だと言いたいのが、自分で思考する頭だ。

インプットするだけの教育を受け続けていると、自分で思考する能力が落ちてしまう。

社会に出たら自分の頭で考えて、自分で歩いていかないといけない。 

時には自分で判断することも必要だろう。

そんな時にどうしたらいいのか? 

自分の頭で考えて問題を解決する思考を持たないと、 前に進めなくなってしまうこともあるかもしれない。

なので学校はいらない、と思う。

もしこれを世のお父さんお母さんが見たら、いい学校に行ってもいい会社に入っても、

余程世渡り上手で有能でない限り、絶対に安定なんてどこにもない。

この先知っているだろうけど人口が減り一人あたりの負担が更に増えて、GDPに至っては右肩下がりだろうし移民を恐らく受け入れるから、その問題もある。

総合的に考えなくても、もっと暮らしていくのに苦しい情勢に日本はなると思う。

子供を本当に大事と考えているのなら学校では教えないお金のことや、

自分で稼げる副業の方法を子供の頭が柔らかい内から教えた方がいいですよ。

ほんとに。

アメリカなんてそういう事に重きを置いて教育をしています。

そんな中、日本は未だにいい学校に入れば、いい会社に入れてみたいな幻想を教育している。

比較的若いと称される年代の人も、仮に子供を作る予定があるのだったら、

社会に殺されない様に、無駄死にしない様に、

生き残れる技術を自分の子供に教えましょう。

その方が圧倒的に子供の為になる。

人生で失敗した私言うのだから間違いない。

最後に

思うところを書いてみましたが、どこまで行っても戯言の領域を脱しないので気にしないで下さい。

書きたいこと書いたんで辛い現実に戻ります。