ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ILBLOG

好きなこと好きな様に

もし生きていくのに十分なお金があったら人間はどうなるか?

ニュース ニュース-気になる

f:id:inusanbou:20160918200929j:plain

お金が欲しい。

お金が欲しいですな。

それもたくさん。

じゃあ宝くじを買え? おしまい。......じゃなくてですね。

はい、そんな訳で今回は「もし生きていくのに十分なお金があったら人間はどうなるか?」を、私の妄想で書いておこうと思います。

じゃあ本題

生きていくのに十分なお金があったら人間は、暇すぎて自分が生きていることすら忘れるんじゃないかと私は思います。 

最近の日本は他の諸外国と比較すると死ぬほど働きすぎだとか、労働時間が過剰だとか低賃金だとか色々問題になっていますが、それでも生きる為に自分で自分の大事な時間を切り売りし、雇用形態は違いはあるけど働いて報酬を得ている訳です。 

働いていればそりゃ苦しいこと、死ぬほどコキ使われたり、ストレスで血尿が出たり病気を発症したりといいことないですけど、それでも社会の会社の歯車として働いている、労働して社会に参加しているからまだ精神を保っていられる訳で。

ですが、近年ロボットが急速に発達して大多数の単純労働しかり、驚くことに小説執筆やライター業の可能となり、創造的仕事も人間に取って変わられるとライブドアニュースで見かけ驚きました。

news.livedoor.com 

数日前にある外国に移住したプログラマーさんのブログを拝見した際に、このロボットに仕事を奪われることについて言及されていました。

巷での意見ではロボットに仕事を奪われるから、大半の人間は失業し絶望等のネガティブな意見が蔓延している様ですが、この方は「ロボットが労働を肩代わりしてくれるから、ベーシックインカムが可能となり、労働から開放され人間は趣味に没頭出来る」と言われていましてですね。

ベーシックインカム(basic income)とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。

引用:ベーシックインカム - Wikipedia 

ロボットが発展すればベーシックインカムが実現する可能性がある

ベーシックインカムなんて借金がある日本の現状から、「ベーシックインカムはいいけどさ~、財源どこから持ってくんの?」とこの言葉を目にした時に、誰しも思ったかも知れませんがロボットが人間の労働を肩代わりしてくれるのだったら、実現は可能かもしれません。  

japanese.engadget.com 

自撮りについて調べてみたら、「自撮りドローン」なんて押入れのゴミにしかならない高性能なロボットも開発されているくらいです。ロボットの進化は止まらない。

そして現代は労働することに喜びや、そこから意義(主に本人の性格と従事する仕事のミスマッチが原因だと思う)を見いだせなくなっている人が多い社会だと感じますので、ロボットが労働してくれて完全に人間が労働から開放される未来がくれば、多くの人が自分の趣味に没頭出来て、自己実現に繋がり幸せになれるかもしれません。 

しかしそれはあくまで「可能性」の話であり、実際は労働をしなくなるほどのお金が毎月振り込まれても、人生の大半を注いでまで情熱を持ち、没頭出来る趣味を見つけられる人がいるのか? とも思います。 

それに働くことは「だるい」、「辛い」、と思っていても自分が思っている以上に存在意義を感じられる一面もあります。もちろん自分が望んで就いた仕事、そうでない仕事でも良い面、悪い面があります。寧ろ悪い面が圧倒的に多い。 

その為に誰しもストレスを抱えて、酷い場合には職を失ったりしていまうケースもあるので、仕事で苦しんでいる人、根源的な問題で働きたくない人からすれば、ロボットの発展は歓迎すべきところ。 

じゃあロボット歓迎すべきじゃないの? と誰しもロボットがもっと発展しろと考えるかもですが、では未来に働く必要が無くなった場合を想像すると...... 

ロボットが労働を全て肩代わりしたら?

今では仮定の話ではなくなったロボットが、未来に人間の労働全てを肩代わり出来る様になったらどうなるか?  

想像してみると、一部のやりたいことが見つかった人は趣味を極める道に行き、やりたいことが見つからなかった人間は、働かなくてもベーシックインカムがあるから生きるのには困らないでしょう。 

ですが逆に自由という不自由を与えられても、やりたいことが無いので働くことによって存在意義を得ようとしても、疲れ知らずのロボットが人間の代替わりに人間の以上の働きをしてくれるので、本当に何もやることがなく更に絶望し生きていることすら忘れて、虚脱感に囚われより自殺率が増えるんじゃないでしょうか。 

最後に

どんな形であれ労働することはストレスを感じて、人によっては苦痛になる対象ですが、働かなくていい未来が到来し本当に何もしなくてもよくなると、却って自己が確立出来なくなり、人間は人間として堕落し存在出来なくなってしまうんですかねぇ。 

ネタで書いてみましたが、最後まで読んでいただいた方がいたら、ありがとうございましたm(__)m