ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ILBLOG

好きなこと好きな様に

ブログを書いていて単調な文章だと感じた時に見直すところ

ブログ ブログ-ブログ運営

f:id:inusanbou:20160914190155j:plain

何か文章を書く時って語尾がですます調になっていませんか。

皆さんどうでしょう。自分の文章をちょっと見てみると、そんな箇所がありませんか。

私もこうして思ったことを書いていると、結構な確率で語尾が「です、ます調」になってしまうんですよね。  

で、です。あっ!早速ですで語尾を切っていた、、。それは置いといて自分の文章を客観的に観察してみると思うんですよ。面白くないって。

ま、、、まあ面白くないのは元々か(;´・ω・)。

雑記の集まりなんで。

 それに私には才能がない、、、やべー速攻で言い訳してた。言い訳だめ絶対!  

私は別に文章に対してこんな思いで文章を書きたいとか、そんな強い信念がある訳じゃないんです。「強い信念が無いから」と書いてしまいましたが、その思いが出てるのか。いや、そんなことを言いたかった訳じゃない。 

何で面白くないと自分で感じたかと言うと、語尾が「ですます調で起伏がなく、単調に感じられるから」これが言いたかった。

ブログはどんな感じで本人が書こうが自由なんですけど、色々な方のブログを見ていると何となく語尾がですます調の人が多いなと、個人的な印象を受けました。

そんなことを言っている私もそうなんですが、ですます調で語尾を締めると固いイメージを読んでいる人に与えるかなと思うんですよね。

それに機械的で感情が感じられない。親しみが湧いてこないと言った方が正しいのですかね。  

~である」や「~だ」といった断定的な語尾で締めるのも、書く人が自信を持っている様に読み手に感じられて信頼出来る要素にもなるんですけど、それでもまだ固く感じるのかなと。

だけどそれも個性ですよね~。  

そんなこんなでどうしたらもっと文章が面白くなるのかなと思い、有名な人や読んでいて面白いなと思った人のブログの文章を観察してみたら、こんな発見がありました。

ブログを書いていて自分の文章が単調だと感じた人に、何かきっかけを与えられたら幸いです。

感情のままに書いている

読んでみると分かるんですが、感情のままに書いているから読み手に伝わりやすいんですよね。

ポジティブな文章もネガティブな文章もそう感じるのは、感情が文章に乗っているから伝わってくると思うんです。 

素直に考えを吐き出す様に書いているから、 中身がどんな内容であれ読み手が読もうと思うし、読みたいと思うきっかけになるんじゃないですかね。 

ですが気を付けなけれあいけないのが、あまりに自分の感情を出し過ぎると変なところを匿名の人間に攻撃されたり、揚げ足取りをする人も増えてくるのが困ったところです。 

誰でも顔出ししていなければ、気兼ねなく意見を述べられるのがインターネットの最大の利点なんですけど、下手をするとそんな悪意を持った人達から一斉攻撃を受けて、やる気を持っていかれかねませんので、バランスが大事なんですよ。

私も過去に数回匿名の人間から私が書いた内容に対して、からかう様なコメントを入れれられて悪意の一端を垣間見ました。

ですけどその人のブログに行ってみたら、その人も現実ではうだつが上がらない社会的弱者の様な存在でしたので、私のところには憂さ晴らしに来ただけなんですよ。 

だからそんな人から攻撃されても気にしない精神が大事。

所詮攻撃されても私の人生と、攻撃してきた人の人生は永遠に交わることはないのだから。   

誰かに喋り掛ける様に書いている

人気がある人の文章は誰かに喋り掛ける様に書いているなぁと、読んでみて感じます。もちろんそれだけが魅力ではないんでしょうけど、文章が繋がっていて上手なんですよ。

飽きがこない。  

誰かに喋り掛ける様に書ければ、自分自身も楽になりますね。

それに文章に書き手の個性が出ていると読み手が感じられるから、面白い人だとさらに面白く書けるでしょう。

何が言いたいか分からなくなってきましたが、自分のやり方が見えてこない人は、今までと違う書き方にしてみて変化を付けてみるのもよいのではないでしょうか。 

最後に

考え方の一つとして思ったことを書いてみましたが、一番は自分で試行錯誤して楽しいと感じながら楽な気持ちで書くのが、長く続くんじゃないかと思いました。 

楽しみを見出せなければどんなことでも続けていけないですから。 

ここで面白くないと例えたのは私に対してなんで、皆さんのブログが面白くない訳ではありませんよ。

誤解を招かない様に一文加えておきます。

少なくとも私のブログよりかは100万倍面白いと思いますから。  

まあ思ったことなんでこの内容を読んでも気にしないで下さいね。