ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ILBLOG

好きなこと好きな様に

中々行動に移せない人は思考を停止してまず体を動かす

雑記 雑記-気付き

f:id:inusanbou:20160906080203j:plain

何かをやりたい、やらなければならない、だけど中々手を付け始めて開始するのに時間が掛かってしまう、誰しもそんな時はあるんじゃないでしょうか。

何かをやろうと思っても現代にはサボろうと思えば、YouTubeで動画を見たりテレビをみたりスマホでネット小説をみたりとサボる道具は山ほど見つかります。

かくいう私も中々物事に手を付けるのが遅い人。じゃあ行動するのにどうしたら良いかと考えたら、思考を停止してまず体を動かし始めるのが一番じゃないかと思いました。

行動に移せないのは感情があるから

じゃあ中々行動に移せない、その理由を朝の起床してから登校、通勤する為の身支度に例えて考えてみます。

大抵の人は起床したら登校、通勤の為に身支度をしなければいけません。朝起きるのめんどいですよね。私は今は会社を退職しましたが、朝はだるくて出勤時間のぎりぎりまで寝ていました。本当に疲れ切っていたなぁ~。そして働くのは嫌いだったんでしょう(笑)。

仕事が凄く楽しければ朝も気分良く起きられたのかなと、ここでは関係ないですが考えたりしてしまいます。

そんな経験から会社員の人は仕事で疲れて切っていて、一秒でも多く寝ていたい気持ちでいっぱいじゃないでしょうか。むしろずっと寝ていたいですよね~。布団は気持ちいい。冬なんかは特に布団から出たくない。だが出勤しないとお金になりませんからね。辛いところです。

そして学生にしてもまだ若いから寝ていたい。むしろ朝が強い人間なんていない。みんな出来れば満足するまで寝ていたいと思うけど、そんな訳にもいかない。

でも仮に一度起きても眠い、眠ってしまいたい気持ちが勝ってしまい中々身支度が整えられず、動き出すのに時間が掛かってしまう。良くあることです。そして二度寝してしまう。

そんなだめな状態からいち早く動き出す為にも、脳の一秒でも多く睡眠を取りたい、動きたくないって思考を強制的に停止して無理にでも体を動かしていきましょう。

やる気は体を動かせば沸いてくる 

こんなことを言うと、お前バカだろ、そんなこと出来るか、結局精神論か?俺は寝ていたいんだって人から怒られてしまいそうだけど、やる気は体を動かしていれば湧いてくると言いたいんですよ。

精神論を言うのは嫌なんですが、人間ってただでさえ自分に甘いので体のスイッチが入るまで、本当に本当に時間が掛かるから面倒なんです。

そりゃロボットじゃなく、人間には脳というパソコンに例えると立派なOS機能が入っていて、更にその脳に自意識があるから余計に厄介。ロボットだったら感情が無く、疲れ知らずだから愚痴もなく動くんでしょうけど人間とロボットは違う。

人間には自意識があるから何かに取り組む前に、やらない理由やりたくない理由を探してしまっていて、気が付いたら時間がたってしまう。そしてもたもたしている間に時間が過ぎてしまい、慌てて遅れを取り戻すべく頑張り始める。

それじゃあ時間の無駄なので、最近私は何かに取り組むときは考えず思考を停止して、無理にでも体を動かす様にしています。そうすると一度初めてしまえば、自然とやる気が内から湧いてきて集中する状態に入れるんですよね。

有名な小説家の人でさえ最初からすぐに手が進む訳じゃなくて、無理にでも何か文章をキーボードに打ち始めやる気を出していくと、ニュースサイトの記事で見たことがあります。

納得の理由で最初からモチベーションが上がりっぱなしの人なんて存在しませんよね。いたら逆に怖い。少しずつ少しずつ、車のエンジンやバイクのエンジンを掛けるようにモチベーションを上げていきましょう。

 最後に

一概にロボットみたいに機械になれと言っている訳じゃないけど、何かをやりたいのに中々手を付け始めるのが遅いって人は、自分のやりたくない感情を優先させてしまい取り掛かれないと思います。

ですので一度そんな感情が沸き上がるのをロボットの様に機械的に停止して、単純な話ですがやりたいことに手を付け始めると、やる気が徐々に湧いてきて時間を無駄にせずに効率よく進めていけるんじゃないかと考えてみました。

もしこれを読んでくれたあなたが思い当たるところがあるのでしたら、やる前からやらない理由を考えないで無理にでも体を動かしてみてはどうでしょうか。

もちろん最初は辛いかもしれませんが結果的に時間効率が驚く程あがり、すいすい物事が進む可能性があります。ぜひ試してみて下さい。