ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もこの世界の果てから

書籍/社会/ゲーム/ネット関連/他雑記

悪意のある言葉で人を馬鹿にする人間は自分に自信が無い可哀想な人だと思って対処しよう

f:id:inusanbou:20160914185952j:plain

ちょっとネガティブな内容かもしれないですね。

いや、そうでもないか(;´・ω・)。

とっ、とにかく嫌な気分になりたくない人は戻って下さい。

ではタイトル通り、悪意のある言葉で人を馬鹿にする人間は、自分に自信が無い人だと私は思うのです

悪意のある言葉で人を馬鹿にすると言っても、人によっては放たれた言葉に対して、解釈の仕方が違うのでどういう状態を示すのか定義が難しいですが、一般的に自分が不快と受け取った時にしましょう。

こんなことを書いても、別に気にしなければいいと考える人もいると思いますが、中には根に持つ人もいます(私みたいな) 

仕事をしている時、学校生活、日常でも人と関わらない機会なんて現代に置いてあり得ませんが、そこには必ず何かしらのコミニティが形成されています。

人間は一人では生きていけない

人間は究極のところ一人では生きて行けない生き物なので、社会の中で生きて行くのでしたら、必然としてその様なコミニティに所属しないと行けません。

私はこれまで人に嫌われない様に、度胸が無いだけですが、人間的に好きに慣れない人間から何かしら言われても、言い返さず笑ってスルーしてきました。

というか面倒なんですよね、いちいち言われたことに反応するの。

実際はちゃんと相手と話し合い、互いに「理解し合えないことが理解出来た」と妥協点を探せればよいのですが、疲れているとそれすらも面倒に感じてしまいます。

言った本人は悪意のある言葉で私を蔑んだり、貶めたりすれば自分が相手より勝っている相手より優れている自分は存在していいのだと思えるのでしょう。

優越感に浸れると言った方が正しい。

優越感に浸ると書きましたが、特にはてなブログにはそんな人が多い気がします。

ブクマが多くついた人のコメントを見ても、人の揚げ足を取って鬱憤を晴らしている人がいるくらいですから。
そう、本人が意識してか知らずか人を悪意のある言葉で馬鹿にする人間は、自分に自信が無いから人を馬鹿にすることでしか、自分の存在を確立出来ないんですよ。 

というか、人を馬鹿にしている時間があったら、その分の時間を何かしらに使おうと考えられないのかと思いました。

どこに行っても誰かしら、どうしても性格が合わない人が必ず存在します。

そして大抵悪意のある言葉で、人を馬鹿にする人間は何故かそれなりに影響力が有ったりするのが不思議な所です。

人と比べることでしか自分を保てない人間と出会ったら

人はどうしても自分の存在に自信が持てず、他者と比較し自己を確立する方法を取ってしまうときがあります。

例を出すとホームレスの人に比べたら幾分かましだ、あいつより成績が上だからまだましだ、あいつと比べたら俺の方がいい物を作っているなど。

そして、なかなかそんな思考からは抜けられないものです。

なので、こういった人を貶めることでしか自分に自信を持てない、発言に責任を持てない人が一定数存在してしまいます。
もし、運が悪くそんな人に出会ってしまい、尚且つその人が影響力のある立場で、逆らいずらく悪意のある言葉にさらされてしまう場合はどうしたらよいか。
それは相手をそんなことでしか自分を保てない悲しい人間だと思うのが、一番心を保てるのだと思います。

そもそも人を貶めている暇があったらその時間を自分の為に使う方が合理的じゃないでしょうか。

最後に

ですが、今私がこんな文を書いていること自体もネット上でしか発言出来ない、2ちゃんユーザーと同じ穴の狢なんでしょうね。

ネット上で匿名で人を罵ったりすれる人はその場の鬱憤は晴れるでしょうけど、現実でまたストレスを貯めてしまうので意識の根本から見直さないと延々と同じことを繰り返すでしょうね。 

発言には気を付けましょうとの言葉で強引に〆