Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

【小説感想】ブラック企業で悩んでいる人にお勧め『ちょっと今から仕事やめてくる』【北川恵海/KADOKAWA】

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。

同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。 

なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった 

以上が「ちょっと今から仕事やめてくる」のあらすじです。 

読んでいてかなり感銘を受ける部分がありましたので、自分が勤めている企業や自分の働き方について、悩んでいる人にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

ちょっと今から仕事やめてくるのここに注目

主人公がブラック企業に酷使される

ここを面白いと言ったら誤解を生むかも知れませんが、主人公の隆がブラック企業に酷使されただ消化する毎日に、夢や希望を見い出せないところが現実の問題としてそういった環境に身を置いている方にとっては、共感できるのではないでしょうか?

働くと言うことの意味

物語のもうひとつのテーマである働くと言うこと。

生きること>正社員のはずなのに、正社員であることが生きる価値がある現実。

会社で酷使されてもう苦しくて苦しくてしょうがないのに、正社員であることを理由に仕事を辞められない隆が、ヤマモトが正社員である必要があるのか?と問いかけます。 

こういった形で働くことに対して作中では何度も問いかけてきます。

ヤマモトの問いかけが心に残る

主人公である隆を助けたヤマモトが、仕事で悩む隆がヤマモトに悩みを打ち明けていると、ことあるごとに「転職すれば?」など問いかけてきます。 

私がヤマモトの問いかけの中で一番心に残ったフレーズが「隆にとって死ぬことと仕事やめることどっちが簡単?」というフレーズです。

主人公と同じ様に酷使される毎日に希望が見いだせず「死にたい」と思っている方はハッとされられると思います。 

終わりに

巷でよく話題に上がっている、ブラック企業に絡めて書いた「ちょっと今から仕事やめてくる」を紹介しました。 

仕事に追われ、ただただ消化するように暮らしていく事で頭が一杯になったとき、読んでもサラっとした文体なのですんなり頭に入ってきます。 

忙しい毎日で悩む余裕すらなくなってしまった方にとっては、自分が生きる意味を考えさせてくれる一冊じゃないかと思いました。