Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

七夕の日だから用意をしなければとか思考停止じゃないだろうか?

f:id:inusanbou:20160707202001j:plain

そういえば今日は七夕でしたね。

いかがお過ごしでしょうか?

私は本日気付いたもので、鈍いったらないですね。

気付いたところでなにがあるという訳ではないですが、ちょっと昔を思い出してしまって。なんで昔は叶う保証のない夢を七夕の日に短冊に願いを込めて、笹に吊るしていたのかなと。

いきなり夢のない話

疑問でなりません。

なぜ日本人は7月7日の七夕に織姫と彦星が云々と言った感じで、盲目的に笹の木、短冊、笹に吊るす七夕の飾りと用意するのでしょうか。

恐らく子供の頃からこの日、7月7日は七夕だからこういう風にするのだと教わって、その行為の無意味さを疑問にすら思わなかったのでしょうね。

こんなことを書いたら世間の子供をお持ちの親御さんから子供の夢を壊すなとか、夢が無い奴だなとか言われて袋叩きにあってしまう可能性はありますが、疑問を持たないこと自体がいけないのだと私は思います。

人間が行う行為全てに疑問を投げかけたら、それこそ不毛ですが、私はこんな意味の無い行為で、子供に将来に保障のない無駄な期待を持たせてしまう機会を与えるのは、人間としてどうなのかなと思った次第なのです。

たとえいつか短冊に書いた願いを忘れてしまうことがあってもです。 

短冊に願いを込めても意味がない

夢があるとしても、自分で努力して行動していかなければ何一つ手が届かないのに、大人が安易に思考停止で子供にこんな無意味な行為を継続させて受け継がせてしまっていいんでしょうかね。

こんなことを書くとは子供の頃からしたら夢にも思いませんでしたが、今、実際書いてみて「本当に枯れてしまっている」、「活力が無いな」と自分でも思いました。

私が言いたいのは七夕の日に織姫が彦星が云々で、だから笹を用意して短冊に願いを書いてという思考停止な無意味な行為を辞めて、他のことに時間を費やしたほうがいいのではないかということです。

七夕は季節のイベントとして風情があって好きですが、ただそれだけです。

そこに短冊に「将来は~になりたい」とか無責任で無意味な願いを子供に書かせてはいけない。

願いがあるとしたら自分で目的に向かって行動しないとなんの意味もないのだから。

最後に

短いですが七夕に関して思ったことでした。

多少タイトルが思考停止と、不謹慎な気はしましたが七夕に限ったことではなく、言われたことをただ何も考えずやる行為についても、同じことが置き換えられると思います。

いつも行っている仕事でも考え方を変えれば、効率も上がる面もあるのではないでしょうか?ただ、何も考えず作業をする、疑問を持たない。

そんな行為は何も生みませんし、成長もないと思うのです。

そろそろ皆さん頭を使っていきませんか?