ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もこの世界の果てから

書籍/社会/ゲーム/ネット関連/他雑記

From today's end of this world

書籍/ゲーム/社会/ネット関連/雑記色々

生まれて初めて選挙に行こうと思った理由

f:id:inusanbou:20160623052147j:plain

7月10日は今まで行ったことがない選挙に行こうと思う。

選挙の日が近づいていますね。決戦の日は7月10日。外には選挙活動を行っている方の選挙カーから音声が聞こえます。 

普段何をやっているのか分からない議員さんも、この時期は必死です。私からしたら普段頑張っているかどうか分からいのに、この時期だけ頑張んなよとは思いますけど、自分の首が掛かっているから皆さん必死。 

負ければ「ただの一般ピーですから」、天と地の差があります。

選挙に行くことにと政治に関して 

選挙なんて別にと思っていた時期がありました  

私は恥ずかしいことですが、今まで「選挙なんて言ったって何も変わらないだろう」と思って、市民の皆さんが暑い中投票に行くのにも関わらず、仕事をしていました。 

例え投票に行っても目に見えて生活が変わらなければ、議員さんは何もしておらず、投票に行った成果として自分の一票が反映されていると、感じられないですからね。

議員さんに期待し過ぎなのかも。だがお偉いさんが言う投票に行くことは自分の意見を政治に反映させる行為とかきれいごとは、聞き飽きたんですよ。

ですが、この方のブログを見て影響された訳はないですけど、行った方がいいのかな遅らせながら感じました。

blog.monoshirin.com

勝手ながら使用させていただきました。すみません。 

アベノミクスが何故失敗したか?をデータを用いて丁寧に説明してくれていて内容を読ませてもらい、興味を持って読めました。

私は政治について、今まで関心を持ったことはありませんが、アベノミクスが失敗した事実に関しては納得できるところがあります。

安倍首相は消費税を8%に増税した当事者です。

私も増税に合わせて以前勤めていた店舗で扱っている商品の金額設定に、非常に苦しんだ覚えがあります。

消費税が1%上がるだけで、とても仕事が増えるんですよ。 

政治家が信用できないと思っていた時期がありました

安倍首相は更にその次には消費税を10%に必ず増税すると言っていましたが、結局消費税を上げないと会見で自分の発言を覆してしまい、後に自分が行ったアベノミクスが失敗していないと、必死に国民に向けた会見で述べていましたが、日本のトップがそれでどうなのかな?と私は違和感を覚えるところです。 

貴方一番偉いんですよね?企業で言ったらトップなんですよ。

それがころころ意見を変えるなんて、そんな奴を信用出来るかって話です。 

簡単に嘘を付く議員さんばかりではないと思いますが、私は舛添さんを始め議員さんほど、自分の発言に責任を持たずうやむやにしてしまう生き物は楽でいいな、人には嘘を付く事を駄目だと求め、誠実であろうとする事を求めるのに、自分がそれでいいの?と感じます

仮に議員さんが会社員になったら、とてもじゃないですが他人から信頼してもらえない。 

舛添さんも関係各所から凄まじい批判の集中砲火を浴びて退陣してしまいましたが、疑惑に関しては何も答えないままで辞めてしまいました。 

この後はあの人がどうなるかは分かりませんが、東京の都知事という他の知事からしたら、雲泥の差がある身分の人が聞かれた事にも第三者という言葉を多用し、答えず知らぬ存ぜぬを貫いている姿は、情けなく映りますし、色々な人が見てもそんな姿に落胆してしまう原因となり、又子供が仮に見ても政治に対して夢や憧れや将来なりたい職業のリストには入らないでしょうね。 

子供が将来なりたい職業がYouTuberなんていうくらいですから。

議員さんや政治家が人に夢や明るい将来を与えられてないんですよ。 

投票に行っても無駄と思っていた時期がありました 

投票に行って自分が投票した議員さんが当選しても、議員さんが議会で寝ていたり本を読んでいたり、携帯をいじっていたりやりたい放題な姿も度々ニュースで取り上げられている機会もあり、そんな姿を見てしまうこと自体悲しいことですし、議員自体政治を良くしようとか何の熱意や情熱を持っていないのだと伝わってきます。 

又議会でのヤジを入れる議員も何でヤジを入れるのか疑問を持ちます。そんな無駄なことをすることでしか、自分の存在感をアピール出来ないのが悲しい。 

私は議会でのやり取りは理解していませんが、そういったヤジを入れることが通例なのだったら そんな議会自体も品性を感じませんよ。

つまらない、何の意味もないヤジを入れるくらいでしたら、少しでも国民の為に何かしてほしいと思います。議員さんはただでさえ金食い虫なんですから。 

というか議員になっても無駄な人が多い。

そう感じさせてしまうから政治への関心が薄くなってしまい、投票にも行かなくなってしまう人が多いのではないでしょうか? 

若い人の選挙権も別にと思っていた時期もありました 

そして今回から18歳以上から新たに選挙権が加わります。

世界の8~9割が18歳から選挙権が与えられている現状に対して、日本はやっと国際基準になりました。 

欧州は若者の政治参加率が高いということで(欧州は60~80%に対して日本は40%)選挙権を18歳に引き下げる話が挙げられています。

日本はなんて低い水準。 

日本が他国に遅れてですが、18歳以上に選挙権を与えのは、新たな意見を取り入れることが目的ですが、政党に関しても18歳以上の有権者の得票数は無視できない数です。   

もちろん若者の数を取り込む為に、若者向けのマニフェストを作る政党が多くなります。

つまり若者がメリットとなる選挙公約が広がる可能性があります。 

ただデメリットを挙げると他国と比較して政治への関心が低い日本の選挙権が引き下げられても、とりあえず有名な人に投票をしておこう程度の方が、割合的にかなりいるのではないかと思っています。

それは今まで政治に関して興味を持つように教育してこなかった日本の教育の賜物です。 

又、更に若者が選挙権を持つことによるもう一つのデメリットを述べると、240万人程いる有権者の投票用紙のコストが一枚5円と計算して、約1000万円以上のコストが発生してしまいます。

その選挙費用も税金で賄われます。つまり18歳以上の投票率が低く選挙に大した影響が無ければ、1000万円以上の税金を無駄にする事態が生じてしまいまう。 

選挙権が18歳になる施策に否定的な意見の方が、税金の無駄使いであると批判するのもしょうがないことです。

どちらにせよ結果が出なければ無駄がどうかは分かりませんが、ただでさえ政治に対する不信感が漂っている中で、余計に選挙費用が税金で賄われるのは効果が無ければ叩かれてしまうでしょうね。

だから若者の選挙に、投票に行こうよ!と周りが必死な訳です。 

mainichi.jp

最後に

選挙に行くことに対してポジティブな意見を挙げられずに、ネガティブな意見ばかり書いてしまいましたが投票には行ってみようと思います。

行くことで何か変わるかも知れないし、変わらないかも知れない。だが行かないことには何も変化が無いし変化することもない。

無駄と思ってしまったら何もかもやる価値が無くなってしまいます。

安部さん自民党以外の政党に投票することで、何か自分に取って良い方向に進むかは不明ですが、現状に対して何か不満や疑問に思うことがある人は流れを切り替える意味で、投票に行った方がいいいですよ。 

たった一票なので固まった数の力を駆使されたら、太刀打ちは出来ない日本ですが、一票入れることにより、自分の意見を述べたことと同じになるんじゃないかと思います。

だから投票に行きます。