ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ILBLOG

好きなこと好きな様に

完璧主義な人間は真面目に不真面目になった方がいい

雑記 雑記-言いたい事

f:id:inusanbou:20160610184542j:plain

真面目に不真面目になった方がいい。今回はそんな話。こんなことを書くのも、私自身が真面目な性格でしてその所為で苦しんで不利益を被った覚えがあるからです。 

では、なんで真面目に不真面目になった方がいいのかを書きます。真面目な性格で故に苦しんでいる方は、考え方の参考になれば幸いです。 

真面目な性格を求める真面目な人は頑張ってしまう

私の経験なのですが、真面目な性格に真面目になっている人は頑張ってしまうんです。何事においても。

自分を肯定出来ていないので、頑張ってしまう自分を演じることによって自分を保つしかないんです。 

自分に自信が持てていないから頑張り過ぎてしまう。その結果、自分の思っていた以上に自分が出来ないことに気付き悩み、自分を許さなくなってしまい、責めて悪い方向に考えが偏ってしまう。こんな経験ないでしょうか? 

私が知っている方で、あまり仕事に対して熱心では無くはた目にも頑張っているなとは見えない人がいました。常に楽をすることを考えてる風でしたね。

私としてはそんな人と同じ給料なんて考えられない、私はこんなに頑張っているのに!なんて思ってその人が余り好きでは無く、且つ頑張っていないその人を許せませんでした。 

なのでその人に頑張ることを強制してしまい、よく対立をしていました。相手からしたら相当ウザかったでしょうがね。他人を私の様に真面目な性格に真面目になる様に変えようとして、他人にもそのことを強いてしまい疲弊してしまいました。 

他人は変えられない。だって他人だから。 

真面目な性格を維持する為に真面目になっているので完璧に物事をこなそうとしてしまうんです。完璧、パーフェクトヒューマンなんてこの世にはいません。誰しも何かしら欠点がある。欠点がなければ人間ではありません。 

完璧主義に傾倒するして疲れる

以前店舗の商品のアピールの為、GINPというフリーソフトを使用して販促POPを毎回の様に私が作成していました。お金をかけずに効果を上げる為ですね。それに作るの面倒ですから。  

販促POPとか作るのは不思議と好きでした。デザインとかは学んだことはありましたが、それを活かす程スキルがあった訳もで無かったんですけど。凝り性とかなんでしょうか?自分で作成したPOPが納得いく出来だと、嬉しかった覚えがあります。 

最初はどんなデザインの物を作成したらよいか待ったく分からなかったので、他店のホームページを見ながら、パクっていました。

みんな最初は模倣から始まるんですよ(言い訳)。好き、出来た物が納得いく出来だと嬉しいと感じたのも、自分で試行錯誤して取り組んだからなんだと思います。 

苦労したことでも、それが形になったら嬉しい。ですが、自分が納得する為に完璧な物を作ろうとしてしまうんですよ。こんな物じゃだめだ。中途半端なんだって。自分を虐めてました。 ほどほどでいいのに拘ってしまい、疲れて果てていました。   

真面目な性格なので、他者の楽をしようとしているやり方や考えを受け入れられず、自分のやり方や考えを通してしまうんです。考えが凝り固まってしまうんですよ。 

真面目な人間は人生に余裕が生まれない

柔軟な思考になれない、効率よく仕事が出来ない、だから結果的に『容量が悪い』、『不器用』と自分も他者も感じてしまい仕事にも人生にも余裕が生まれず、『生き辛く』感じてしまう。

真面目に対して不真面目なスタンスで考えを持っていた方が、色々な考えを柔軟に取り入れられ、自分をプラスの方向に向けることが出来るんじゃないでしょうか。 

世間一般の方から見たら私みたいな奴は、無能の働き者の部類に入るんでしょう。

効率重視で仕事をする事が出来ないと私みたいに、会社に所属した場合は自分が効率良く出来ない不器用な人間である事に劣等感を持ってしまい、自分より後に入社した後輩に追い抜かされて惨めな思いをしてしまいます。 

それでもそんな自分を認められず頑張ろうとしても逆に失敗してしまい、私は自分に、仕事に自信が持てなくなってしまいました。

自信が無いから自信を付ける為に頑張る、やってみるんですが何とも上手く行かないもんですね。 

元々の適性もあったんでしょうけど、こんな事を書くと自分の無能さ加減を正当化しようとしているみたいに感じ取られてしまいますが、私は無能は働き者なんだと思いますよ。 

最後に

以上の事からどんなことでも考え過ぎないくらいが、悩まずに人生上手く行くんじゃないのかな?と最近ながら感じました。

かといってまるっきり何も考えないのはだめですが、逆に考え過ぎてしまうと悩んでしまうループに入ってしまうので、ちゃらんぽらん、適当なくらいが良いのだと思います。 

その方が楽だし、悩み過ぎてしまって精神の病気になることもない。真面目に不真面目になった方がいい、ただそれだけの話