Hello Underworld

ゲーム/漫画/アニメ/読書/好きな曲/ネットサービス/誰も言わない本音など

人と比較しても落ち込まない3つの方法

この記事をシェアする

f:id:inusanbou:20160606182505j:plain

どうも、ヨシトです。 

今回は誰もが必ず行ってしまう、人と自分を比較してしまう行為について、どうしたら人と自分を比較しないか? を素人考えですが3つ挙げてみました。

何かの参考になれば幸いです。

見ざる

視界に入れないこと

人は他人が自分にはない技能や、身体能力、あるいは裕福だったり容姿がよかったりすると、羨ましくなってしまう生き物です。

それは視界にその情報を入れるから、そんな気持ちが湧いてしまうのだと思います。

そこで自分にとって羨ましく思ってしまう人を意識的に視界から外すことによって、余計な感情は湧かないでしょう。

フェイスブックを筆頭にSNS等は余計な情報の最たる例だと思います。

隣の芝生は青く見えません。

見えない見えない見えない見えない見えない。

言わざる

言わないこと

よくあの人はいいな~とか、口にしていませんか?

私は自分でも駄目だと思っているのですが、人を羨ましく感じてしまった時は「あいつあんな〇〇でい~な~」とかよく口にしてしまっています。

口に出してしまうと、自分が抱かなくてもいい劣等感や妬みの気持ちを、感じてしまうことがあるので、言いたくなったら心の中に抑えこみましょう。

自分に劣等感を感じさせているのは、他ならぬ自分自身かもしれませんね。

知らず知らずの内に人間は自分と他人を比較してしまっています。

気を付けましょう。

聞かざる

聞かないこと

誰々が大きい会社に入った、結婚した、出世した、大会で賞を取った等々そんな情報を耳に入れてしまうと、そこから自分の状況と比べて悪い方向に考えてしまう可能性があるので、自分にとってモチベーションを下げる様な情報を耳に入れるのは、避けましょう。

最後に

自分の気持ちが落ち込んでいる時に、人と比較してしまう様なことをしてしまうと、輪に欠けて落ち込んでしまうので、様々な情報を意識的に取り込まない様にしましょう。

そうすることにより、より自分自身に集中して生きて行けるのではないでしょうか?