ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もこの世界の果てから

書籍/社会/ゲーム/ネット関連/他雑記

From today's end of this world

書籍/ゲーム/社会/ネット関連/雑記色々

仕事を辞めたい人へ、辞める前に人生の目的を見つけて欲しい

f:id:inusanbou:20160526000216j:plain

今回は仕事を辞めたいと考えている方へ、現在無職の私がこの言葉を送らせていただきたいと思います。

仕事を辞めたいとか恐らく日本で一番検索されているワードじゃないでしょうか。

さて、さっそくいきましょう。

「仕事を辞めたい人へ、辞める前に人生の目的を見つけて欲しい。」

私が仕事を辞めた経緯と誤って入社した経緯

私が仕事を辞めたのは今年の2月です。

理由としては、彼女と上手く行かなかったこと、上司からのパワハラと上長からの嫌味のメール、アルバイトとのコミニケーションに悩む、異動を命じられ、異動先が自分より上の役職なった後輩の元で、そこで予想はしなくても屈辱的な思いをする可能性があるので異動を拒否、そんなこんなで言いたいことも言えずに我慢することに耐えられず、勢いで退職してしまいました。

特に上司から散々人格を否定する様な嫌味のメールが来たのには、正直精神にかなりきたのでよく覚えています。

勢いで辞めると言った時から最後までコキ使われてましたね、あれもきつかった。
クソが。

もう何もかもやる気が出なくても、働かなくては行けなかったので、かなり辛かったです。

私がいた会社は特に泣き言を許さない社風でしたら。

まあ私が雇う立場でも、泣き言をいうやつなんてめんどくさいですから。

電通の鬼の社訓のような、社長からのありがたい訓示があったくらい。

為になるんですが、内容を要約すると「馬車馬の様に働け、弱音を吐いて迷惑かけるな」でしたから。

過剰なストレスが原因と思われる肩こりも発生し、非常に辛かった。

今現状で肩こりは継続中です。

そして特に入りたい企業ではなかったのも、頑張れなかった原因です。

入社した当初は店長になるんだからと言われて、熱心に指導していただいた方もいたのですが、私は給与に惹かれて面接を受けた企業に偶然入社しただけですから、そりゃ続かないし向上心もありませんでした。

向いていない職付いたのが全ての原因ですが、熱心に私に対して指導していただいた方達には、本当に申し訳なく思っています。 

もっと頑張って入れば、頑張る方向性を定めて入れば結果は違ったんでしょうけど、今となれば後の祭りです。

案の上同期より出世は遅れ、私より先に昇進していく同期に対して悔しい思いはあれど、現実を見ない様に休日は趣味に没頭し大した努力もしませんでした。

身から出た錆?そうですね。何も返す言葉がありません。 

仕事を辞めてから

仕事を辞めてからは不安はありましたが、仕事から解放された、嫌な上司、部下から解放されてという思いが多く、一定期間は幸せでした。 

そう一定期間は。ある程度期間が経過してくると、ある不安が脳裏によぎります。

お金の問題が。

そう生きて行くにはお金がどうしても必要です。

なので働かなくてはいけない。

ですが、私は人付き合いやコミニケーションに関してトラウマがあり、働くことに対して積極的にはなれませんでした。

働かなくてはいけないという気持ちはあったのですが、そのことに関して真面目に取り組みたくなくなりました。

だって働いたらまた同じことの繰り返しになるかもしれないですし、仕事を辞めてから私は元々働くことに関して意欲が湧かないんだということに気づきました。

クズですかね。

自分の好きなことだけやっていたい人間だと気付いたのです。

自分と向き合ってようやく自分がどういう人間か気付けたのです。

就職して仕事をするということは、職場で嫌な人と我慢して仕事をしなければならず、前職の様に我慢して辛い思いをしたくないのが本音です。

我慢するの辛くないですか?

言いたいことも言えず、我慢して病気になるのが一番あほらしいですし、我慢する為に仕事をしているとは思いたくないのです。  

何の為に働いているのか?

ここで仕事を辞めたいと考えている人に、何の為に自分が働いているのか考えて欲しい。

皆大前提がお金の為に働いていますが、お金の為に毎日嫌な顔をして仕事に行きたいと思うのは悲しいことです。

人生を損していますよ。

私が働いていた時は上司に八つ当たりされ、アルバイトも発言自由な職場でしたので、言いたいことを言われても我慢している状態でした。

心の中では理不尽なことや嫌なことを言われて、怒鳴り散らしたい部分もあったのですが、周りと上手くやっていかなければいけないという気持ちがあり、ずっと愛想笑いで受け流している状態でした。当然ストレスが溜まり過剰に白髪が増えましたけど。

私が考え過ぎな部分もあったかも知れませんが、やはり我慢はよくないですよ。

我慢をしてストレスを溜めてしまうと、人間は心を病んでしまうのです。

我慢するのが仕事になってはいけないと思わないですか?

だってなんの為に働いているんです?

人から必要とされていたい?

社会貢献の為?

偉くなりたい?

あなたは何の為に働いているんですか?

それを考えて欲しい。

自分と向き合う時間を多く取って、ただ仕事をするだけの人間にならないで下さい。 

自分の人生の目的を持って欲しい

私は今何もやる気がおきません。

人生の目的を見失っているからです。

仕事をしなければと思って応募はしているのですが、こんな状態ではどこでも駄目でしょう。

アルバイトをするか何か技能を身に付けるしか選択肢が無いですが、私の年からじゃ厳しいです。

ですが何かしらやるしかありません。

人間は30歳に近づくと急にチャレンジする意欲が薄れて来ます。

安定期に入る、臆病になると言った方がいいのでしょうか。

それに年を取ると応募出来る職場の狭まって来ます。

不思議ですね。仕事を辞めたらこの有様です。

今となって気づいたのですが、精神的に辛かった仕事自体が私のレゾンテートル(存在理由)になっていたんだと。

人間は暇には耐えられない生き物なので、私もこのブログを書いているのが現状です。

なんてたって仕事してないですからね。

ですが書くのが楽しいと分かったのは、発見でした。

仕事をしている時なんて、出勤時間の直前まで寝ていたので、余程職場が嫌だったんでしょうね、過去の私は(笑)。

それにお金の為に働いていた節があったので、お金の心配がなければ、長時間拘束される仕事なんて誰もしたくはないでしょう?

仕事を辞めたいと思っている人は、仕事が楽しくないから、長時間拘束されるから、パワハラ等色々な要因を抱えていると思います。

もちろん精神に過剰な負荷が掛かっている状態だったら、自殺する前にすぐに辞めた方がいいですが、それ以外の方は辞める行動を起こす前に、自分がこの先何をしたいか?を良く考えてから辞めてほしい。

そうしないといざ自分のこれからを考えた時に、考えて立ち止まっている時間が無駄になるし、先のビジョンが定まっていないと例え再就職出来たとしても、自分の希望とのミスマッチで納得しない、また不幸な時間を過ごしてしまうことになりかねない。

なので辞める前に自分がこれからの人生でどうしていきたいか?を考えて、目的を持ち行動して欲しいです。  

たった一度の人生

人生は一度切り、ゲームの様にリセットボタンなんてありません。

いざ何かやろうと思ったら既に時間切れなんてこともありえます。その時になってからじゃ遅いんです。 

tabi-labo.com

この記事では人が死ぬ直前に後悔することが書いてありました。

私はこの記事から死と向き合っていないことが多くの人の人生の満足度を下げているということを感じ取りました。

人間はいつか必ず死ぬもの、それはどんな有名人やどんな偉い方でも万人に平等です。

普通忙しい日常に流されて、終わりが突然訪れるなんて誰も考えもしないですよね。

仕事のこと、人生のこと諸々、最後の時になってからでは全ては後の祭りなので、仕事を辞めたいと思っているけど辞められない方は、人生において何かしらの目的を見つけてから後悔しない様に前へ進んで欲しいと思います

仕事ばかりのからっぽの人生を送らない様に、目的に向かって有限である命を使って下さい。ただそれだけです。それだけが言いたい。