ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もこの世界の果てから

書籍/社会/ゲーム/ネット関連/他雑記

From today's end of this world

書籍/ゲーム/社会/ネット関連/雑記色々

大食いタレントが人気な現状を省みて日本は食べ物の大事さを学習した方がいい

美味しい物を食べると心が幸せになりますよね。

何が好きって聞かれたら人によって色々好みは分かれると思いますが、好きな食べ物を食べているとお腹が満たされ、心が幸せになります。

最近、テレビで大食いを売りにしている有名人の方が、大食いに挑戦しているのを見て思ったんですよ、日本は平和だなって。

食べ物が無くて餓死してしまう人がいるのに

世界には食べられずに死んでいく人が何万人もいるのに、テレビだと大食い王決定選なんて番組を作って、食料を無駄にしている訳ですから。

以前私の住んでいる地域で、日本の食料品が年間で何千万tも廃棄されている現状を憂いて、何かしら行政に陳情しようとアンケートと、募金活動をしている団体の方がいました。 

以前からコンビニとかで、廃棄弁当が出ることや頻繁に食料品が廃棄されていることは、知っていたんですが何千万tも大量に廃棄されているとは、知りませんでした。

いえ、普通に生きていれば知ろうともしなかったでしょうけど。

アンケートと募金に協力して初めてその現状を知りました。 

バラエティなんかで食料品を無駄にして

しかし、それに関して私自体が何が出来るとも思いませんが、食料品を無駄にするバラエティを見て、あれはいただけないと思いました。 

特に大食い関連のバラエティが最たる例です。

美味しい料理やデザートを、大食いに特化した有名人がもりもりと、食べていくのはすごいなぁと思う反面、食べ方が汚いし無理やりに詰め込んでいる感じでした。 

当然命を削ってやっているから、自分の限界、人間の限界に挑戦しているから、面白と感じるんでしょうけど、そのチャレンジをする人を神格化するメディアはどうかと思います。

たとえば大食い女王等と大食いの方を神格化して、特別視することは確かに格好よく見えます。

ところが、実際大食いの方達は収録の合間合間に食べた物を吐いたりして、次の食材を食べる為に備えていたりするのが、現実です。

分かっていたことだけど、無理してるんだね。 

大食いなんてなんの価値もない

視聴者は見ている分には楽しいでしょうが、影ではせっかくの美味しい食材や料理が、一人の人間によって大量に食べられ、それがちゃんと消化されることなく吐き出されて、無駄にされています。

そんなことに価値があるのでしょうか? 

大食いというカテゴリーは特殊能力に近いので、それだけでメディアや大衆に必要とされるニーズが発生することが、大食いというジャンルが発展している結果からあきらかです。

メディアや大衆が大食いというジャンルを発展させていった結果、大食いという行為が正しいことの様に伝わってしまい、大食いのテレビを見た小学生が影響されて、給食の時間に真似して喉に詰まらせ、窒息死してしまうというニュースが過去に発生しています。 

亡くなってしまった小学生は、大食いを売りにしている有名人に対して、大食い出来ることはかっこいい、凄いといった念を抱いていたんだと思います。

大食い等と無駄なこと、意味の無いことを行い、まだ若いのに亡くなってしまったことは、非常に残念ですし、未練が残るでしょう。 

それを助長したメディアにも責任がありますし、それを求めた大衆にも責任があると思います。

世間が食べ物を大切にしようとする声を上げていかなければ、こういった無駄なニーズはいつまでも、無くならないでしょう。 

大食いという能力を売りにしている有名人の方には、大きなお世話かもしれませんが、大食いは全く意味がないと思いますし、特に体に悪いので止めた方がいいですよと言ってみます。

美味しく食べられないのか?

食べ物とは本来美味しく味わうべきです。

私の好きな食べ物は、カレーとラーメンと、魚料理と蕎麦とうどんと、甘い物が好きです。 

特にカレーは好きなので、いつかは全国のカレーショップを巡ってみたい、という野望を抱いていたりもします。

ラーメンに関しても、同じ野望を抱いており、死ぬまでには実行する予定です。たまに自分で食べたい物を作ろうと思い、自炊もします。

料理は楽しいですね。 

今はネットを調べるとラーメン好きな人や、自分の好きな食べ物を扱った個人サイトがたくさんあります。

こういった人たちは好きな食べ物だから、自分の私的な時間を割いてでも食べることに注ぎ込めるんでしょね。 

好きなものを食べる為に、私的な時間でそれを追及している方を見ると、本来なら食べ物は美味しく味わって食べるべきなのだと、ひしひし感じます。

好きな物を食べていると幸せですし、飢えた状態になればそれこそどんな食材でも、ありがたみと美味しさを感じれることでしょう。 

食べ物を食べられる幸せ

私が好きなマンガで幸福グラフィティというタイトルなのですが、このマンガに出ているキャラクターは、食べ物をとても美味しそうに、幸せそうに食べます。

全体的によい食べっぷりです。

見ていると幸せな気持ちになる反面お腹が空いてくるのは、ご愛嬌ですね。本当に好きな食べ物を食べている時は人間幸せな気分になりますし、自然と笑顔が出てくるでしょう。

その笑顔を呼んでくれる食べ物を、無碍に扱ってはいけませんし無駄にしてはいけません。食べ物は味わって美味しく食べましょう。