ILBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ILBLOG

好きなこと好きな様に

雨の日は効率が落ちるので在宅で授業や仕事を受けられる様になればいいと思う

雑記 雑記-言いたい事

f:id:inusanbou:20160512095028j:plain

雨の日って気分が乗らないですよね。

そんな気持ちになりませんか?なんでわざわざ外に出なきゃいけないのかなって。

こんなことを言っても、戯言なんですがずっと疑問でした。

私が住んでいる地域は最近雨が続いていたので、余計に考えてしまいます。

それで思ったんですよ。

雨の日くらい休みにならないのかなって。

休みとかはさすがに言い過ぎましたけど、せめて外に出なくてもいい様にならないのでしょうか?

外に出るのが億劫

外に出るのが億劫なんですよね。

なんでわざわざ雨の日に傘をさして歩いたり、自転車に乗ったり、電車に乗ったりして我慢して行かなきゃいけないんでしょうか?疑問に思いませんでしたか?私は常に「雨降ってんのか?だり~な~」って感じでした。

例えば雨の日に自転車に乗って外に出ると片手がふさがりますし、危険です。

雨合羽を着ろ?確かに。

また電車に乗るにしても、雨で滑る危険性もありますし、あちこちに危険が潜んでいます。特にお年寄りなんて滑って転んだら致命的な怪我になりかねません。

それに私は傘をさしていて自宅への帰り道を歩いていたら、自動車が通りかかり運悪く大量の雨水を被ってしまうことがありました。

雨くらい我慢しろって皆さん言うかもしれないけど、雨の日に学校や会社に行くとその場がなんか窮屈な感じなんですよ。息苦しいって言うか閉塞感?そんな経験ありませんでしたか?

私は特にその感覚が嫌でした。

雨のせいで湿気っぽいのが、そう感じさせるのかもしれないですけど。 

濡れるから

濡れるの嫌じゃありません?体温が下がって風を引く原因にもなるし、そもそも濡れると体が気持ち悪いです。

例え車に乗って出勤や通学しても、どこかで濡れる可能性はあります。わざわざ濡れる可能性があるのに外に出て行く必要はあるんでしょうか? 

仕事や学校の授業も自宅で出来る様に仕組化したら

今はインターネットが普及していて授業の動画を配信したり、在宅で仕事も出来たりします。

外で働く必要がある仕事については別ですが、それ以外の屋内で出来る仕事や特に、学校の授業はネットを利用して仕組み化したら、雨の日の鬱屈した気分のまま生産性を下げることなく、仕事や授業に取り組めると思うんです。

わざわざ雨の日に頑張って出勤して通学をして、仕事や勉強をする必要性は全く感じられないんですよね。それって我慢してるってことじゃないですか?

人間我慢するとストレスが溜まりますし、何より意欲が湧かない原因になります。

やる気がないと言われたら意見の出し様も、議論の余地もないんですが。

最後に

気持ちが乗らないのに外に我慢して行くのは、やる気という原動力を下げる原因にもなります。社会全体でこういった細かいところに疑問を持って、改善していけばもっと人間が生きやすくなるのではないでしょうか?