Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

人の目が気になってしまう理由

f:id:inusanbou:20160421034929j:plain

今回は人の目って何で気になるか?について書きます。

皆さんは人の目が気になりますか?私は人の目がすごく気になります。

容姿にも自信がありませんでしたから。

正直言えば何件か、自分のことをさらけ出しすぎた記事があったので削除したくらいです。ちょっと前までは全然気にならなかったんですけどね。

いや、気にならないといったら嘘になります。

はてなさんでブログをはじめる前から気にしていました。

人の目を異常に気にしてしまう人に、そうならない様にきっかけを与えられたら幸いです。 

人の目は何で気になるのか?

この場面で言うのもなんですが、なんだかんだで60名様も読者登録していただいて頭が下がる思いです。

始めた当初は誰も見向きもしてくれなかったのですが、こんなに登録してくださる方がいるなんて思いませんでした。

私はSeesaaブログさんでも無料ブログを過去に開設していたんですが、はてなさんの方が使いやすいですね。 

でもそんな中、私はこんなことを考えていたんです。

増えた読者様の目を気にしてまともな記事を書こうとしてしまい、見出しを付けたり、目次を付けたり、または記事の文をかっこよくしよう!とか思ったりしていました。

見出しや目次自体を付けるのは見てくださっている方にとっては優しいんですけどね。人から見られていることを意識した瞬間の私の変わり様、逆にみっともなくてしょうがありません。

なんで周りと同じにしなければ、同じことをやらなければいけないんでしょう?周りと同じでないと変な目で見られるから?笑われたくないから?なんて情けない。そんなの自分ですらないじゃないか?

私はもともと大学出ている訳でも無いですし、学力が高い訳でもないのでそんなうわべだけ取繕ってもしょうがないなと。そもそもそんな人の目を気にして何も出来なくなるなんて勤めていた時の息苦しい自分でしかない。

人から嫌われないように回りに合わせた無難な言葉を吐いて、本当はそんなこと思ってはいないのにこうでなければいけないと言葉を吐き、息苦しい自分のままだった。

心をさらけ出せないまま。

こんなことを書いたらみっともないなとか、恥を書いてしまうとかそんなことばっかり気にしていて。

私は今まで人の目を気にしながら生きてきました。

お世辞にも頭がよくないので数学とか物理などは苦手分野でした。

また運動も得意ではありません。大衆の面前でなにか失敗すると冷や汗が出てきます。ミスをしてそれをネタに笑われるとイラっとすることもありました。

また人生にしてもこれをやりたい、あれをやりたい等思ってはいるんですが、私にとっては言ってしまうと恥ずかしいこと、笑われてしまうと感じてしまうことなので胸に秘めてしまって。

何か失敗すると恥ずかしい、笑われたくない!などの言葉を気にしていました。 

恥ずかしい?なにそれ?

失敗したり、間違えたりすると恥ずかしいですよねっ?出来れば笑われたくないですよねっ?私もそうです。

出来れば馬鹿にされて笑われたくはありません。意識高い系では無くプライド高い系ですね(笑)だがそれではダメでした。

笑った奴をぶちのめしてやりたい気持ちにいつもかられていました。だけど殴られる、仕返しされることが怖くてできなかった。チキン野郎ですよ。いろいろ落ち着いたら格闘技を習おうと思います。

人の、他者の目を気にして恥をかくこと、失敗することを気にしていたら行動出来ないし、行動する気持ちを抑えてしまうことだってあるんです!

何かしら始めるとき、挑戦するときは必ず他者が口を挟んできます。

私にたとえると退職する旨を上長に伝えたときに「会社を辞めてもすぐ次見つかんないよ」、「そんなんじゃどこ行ってもやっていけないよ」とありがたい呪いの言葉をいただきました。

今でも私の頭から離れません。でも思うんですよ。

「お前に私の何がわかるっ!」と。

人の言葉を気にして無理なこと、嫌なことを続けていればあの時の私はどの道病気になってしまっていたことでしょう。仮に病気になったとしても誰かが助けてくれる訳でもありません。   

最後に

今思えば退職したことは初めて自分の頭で考えて、行動して選択した結果だったと思います。いろいろと考えるきっかけになりました。

それにどんなに頑張って考えて選択しても、人間後悔の気持ちは残るものです。だったら行動しないのは時間を無駄にするだけ。

それにブログの記事にしてもそもそもまともな記事が書ける訳が無いんだし、気にしてもしょうがない。思ったこと、感じたことを書いていきます。頭で考えてはいけない。