Hello Underworld

エンタメ/YouTube関連/生活に役立つ/商品レビュー/ブログ運営etc..な個人ブログ

   

今の現状を壊していいから思っている事を言える勇気を持ちたい

f:id:inusanbou:20160928024932j:plain

皆さん、ストレス溜めてませんか?

社会は一人では成り立たない

誰しも一人では生きて行けない 

それこそ社会に出たら一人では仕事出来ないから、周りと協力もしくはチームを作り、コミュニケーションを図り会社に利益貢献する事によって、存在意義が発生するし出世もしくは給与に繋がってくる。 

でも一緒に働くのは他人だ

生まれた環境が違うし性格も趣味も志向も違う

そして上下関係も違う

年齢も違う

当然一緒に働く内は多少なりとも言いたい事が発生するし、ストレスも溜まる 

我慢すればするほど相手に対して不満が溜まる

でもそれを言い出してしまっては会社として成り立たない

そんな不満ばかり言う社員やアルバイトの思考が組織に伝染するからだ

私は前職ではイライラしても立場上我慢している事が多かった

本当なら怒鳴り声の一つでも上げてやりたかったが、それをしてしまうと堰をきった様に、感情が溢れて止まらなくなってしまいそうなので、不快に感じた際は適当にはぐらかしてその場をやり過ごす事が多かった

会社や勤めている店舗に対する不満は多かった

ある時会社の偉い方が僕に言った事を覚えている

「~くん。間違っている事や疑問に思う事があったら上司に言う勇気を持たなくてはだめだぞ!」とドヤ顔で言われました

「確かに!仰る通りです!それが出来たら、言えたらどんなに楽か!」 

でもね、そんなの理想なんですよ、実際いちいち言う事に対して異論を発する様な奴いらないでしょ?会社がなりたたないよ!そもそもうざがられるよ! 

みんなわざわざ嫌われて居ずらくなる様な事しないよ

あなただってもし下っ端から意見言われたらカチンとくるでしょ? 

アルバイトとか楽な身分だったら、まだ言いたい事が言えてまだよかったのかもしれない

そう考えると苦労白髪が生えてしまった状況を考えると、私には正社員は荷が重かったか... 

だがそれは僕の勝手な思い込みだ

何かしら考えて生産性のある発言をする努力をすれば、また私の成長につながったのかもしれない

今となっては後の祭りだが。

最近「ちょっと今から仕事やめてくる」という小説を読みました

www.zerost.net

内容は割愛しますが、主人公が最後に今までの鬱憤を上司に言って会社を退職してしまいます

小説とはいえ、この自由さには驚きました。

あの時私にもこんな勇気があれば、禍根を残さず言いたい事を言って会社を辞められたのに

思っていた事を言うのは大事ですね

この胸の中にある思いをすべてすべてすべて、ブチまけられたら次のステップに私が進めたと自分自身で思います

最後の最後まで自分自身を押し殺してしまい、言いたい事を思っている事を言えず、訴えられず退職してしまいました

ここから先は私の被害妄想かも知れませんが、上司の方的には扱いずらい奴が消えて内心ほっとしている事でしょう 

余裕がない

こう私が言うほどあの時の自分は余裕が無くなっていました

笑顔なんてとてもでませんでしたよ

無職になってやっていけるのか、次の仕事は? 消化不良のまま辞めて後悔しないか?等ホールに回っている途中考えていました

最後に

だから、だからもし私の様な思いや感情、状況な方がいたらこれだけは言いたい!

全部吐き出して辞めなさい!

その方が次のステップに貴方が進めます!絶対絶対そうして下さい

いいじゃないですか、もう会わないんだし、一生あなたとの接点は無くでしょう

だからすべて吐き出しなさい

思いをぶちまけなさい

遠慮なんかする必要無い、今まで十分耐えたんだから

それにあなたがいなくても会社は回る

あなたの思う様に行きなさい

最悪を受け止める覚悟さえあれば、どこに行ってもやっていけるから