Hello Underworld

エンタメ/YouTubeネタ/ブラックな話題/etc..な個人ブログ※工事中

凡人(個人)が利益を上げる方法を考える

凡人(個人)が利益を上げる方法について真面目に考えて行こうかと思う、

ざっくり言うと、誰かに教えて貰えば早いのだけどね。

でもそれじゃあ思考停止して脳死しているのと変わらないから、どんなことにも言えるのだけど、自分でトライして&エラーで考えましょう。

他のブロガーとかが承認欲求で書いている、再現性の無い役にも立たない内容ではなく、私なりの考えなので興味がある人はどうぞ。

凡人(個人)が利益を上げるにはどうすればいいのか?

自分に需要を持たせる

ブログの分野に関わらず、稼いでいる人間を見て思うのだけど、当たり前のことだが何かしら需要(価値)がある。

例を出すと、ことお金に関して。

Aさんが月収50万円稼いでいるとする。

そしてAさんが何故こんなに稼げているかを、ブログに書いたらどうなるか?

更にだが、株式投資でらくらく~に稼げているんだよとか書いたらさ、

恐らく100人がAさんのブログを見て1人、もしくは具体的な内容を書いてあれば、10人と反応するユーザーはいるだろう。


何故反応する人間がいるのかと考えたら、Aさんが金を稼げているからだ。

金額という結果が出ている×凄い=俺も、私もAさんの様に株で稼いでみたい。

という図式が成立する。


これだけじゃないけど、単純なことで文章が面白ければ定期購読してくれるだろう。



人の心を動かす曲を作れれば誰かが購入してくれるし、役に立つ知識を定期的に提供して役に立つと読んでくれた人が思ってくれればシェアされる。



自分にしかない需要を持たせることが出来れば、自然と人と利益も集まってくる。



だけど、某高知プロブロガーとか某詐欺YouTuberみたいに、誰かを騙す方向に持っていくのは、ヘイトしか買わず色々妨害にあうのでおすすはしないかな。



どの年齢層に対してどんなことで訴求したいのかを決める

そしてだが、自分がどの年齢層に対してどんなことで訴求したいのかを考えるべきだと思う。


こうしたことはちょくちょく他の人が書いているけど、ユーザーを絞るというのは難しい。


ユーザーを絞るということは本当にビジネスに徹することであって、自分が好きなこと、苦痛ではないことで訴求していけるのならいいが、そうでないと取り組んでいることに対しても熱意を注げず、やる気の無さが表面化してしまうだろう。


好きなことしかしたくない、苦痛は避けたいとか言い訳をしてしまう人間は、正直なところ何にも結果を残せないんじゃないだろうか。


私もそうした傾向が多くあって、とにかく言い訳をしてしまう。

疲れたとか、明日でいいやとかね。


それはそれで一つの選択だし、いいだろうけどやらなかった分は必ず明日以降の自分が苦しむ。


真面目に利益を上げたいと思うのなら、食事をするかの様に利益を上げる為に、取り組んでいる行為をルーティン業務にするべきじゃないかな。


食事をしない人はいないでしょ?


それはなんでか?

考えなくてもいいけど、食べないと死んでしまうから。

そんな感じだ。
 

おわりに

もっと書きたいことはあったのだけど、時間がないのでこの辺で締める。

誰かに教えてもらうのもいいけど、個人的には自分で勉強していくことを推奨しますよ。

私もこうしたことが気になり、時間が空いた時に本を読んで勉強しています。

じゃ今回はこの辺で( ̄▽ ̄)ノ~~  

大人の常識 ビジネス法則大全

大人の常識 ビジネス法則大全